2017年06月27日

豊田真由子議員のドメスティック・バイオレンス

どうも先週は肺炎になりかけて、なってはいないのですが、かなり気管支の炎症広がり、伏せってしまい、お休みもたくさん頂いてしまい、すみませんでした。

全快しておりますのでご安心下さい。はい、私は大丈夫です。


ところで、ドメスティック・バイオレンス/DomesticViolence

というのは豊田真由子議員の一件ですが。ただ面白可笑しく取り上げているバラエティ・報道番組がほとんどでしょう。今国内で、一体どれだけの男女がドメスティック・バイオレンス、DVに、あの世にさらされた豊田真由子議員の言動とまったく同じ言動、暴力・暴言に苦しみ、また苦しめられていると思いますか?


Domestic・・内々での

DV・・・よく「家庭内」と訳されますが、正確には「内々」であって、夫婦間だけではありません。友人同士、仲間同士、会社の部下と上司等々「緊密な」間柄でそこここで発生するViolence・・暴力


暴力も、腕力的なものばかりではないことはもう取沙汰されていますよね。無視=育児放棄=ネグレクト、モラハラ、、子どもが不登校で自室に引きこもったりしていることだって他の家族にとっては十分なDVになる。


生活力のない妻が何かにつけて夫の圧力に屈しながら生活していることも。。じわじわとどんな家庭だって、DVのエネルギーにいつしか汚染されていたりする。

兄弟同士の夫婦間の見えない力関係のはざまで無言の駆け引きが激化するとアウトです。家庭の外にはけ口があればまだましだと・・それが多くの犯罪の、反社会的行為の引き金でしょうかね。。


あ、話逸れましたが、だから家族間で取引はしちゃいけないと、私は重々某所で教えられ、今ようやくその意味が解るに至ります。イヤなことはイヤ!家族の間ではそれだけでいい。イヤなことをやめてもらうのに、反対にやってほしいことをやってもらうのに、そこに何か条件や飴やムチやらを持ち込む必要はない。子どもに言うこと聞かせるためにお小遣いなんてサイテーの取引。


DVの話に戻そう。私は人生の一時期、同様の人たちと暮らし、治療を受けていました。そこには老若男女がいて、摂食障害あり、アルコール&ドラッグ中毒あり、DVありDVで悩む方々ってホントやっぱり老若男女なのね、性差はなかった。老いも若きも誰もみんな豹変していた。まさに皆豊田真由子議員のようでしたよ。

暴れてわめいて、親に土下座させている子が。。見ていてわたしも泣けた。幼少期に受けた性的虐待の逆襲、というケースだった。


暴言、暴力の背景に、その人のどこにもやり場のない怒り、哀しみ、傷がやっぱりある。矛先が、大人になってたまたま発生した上下関係の延長に向けられるなんてごまんとあるわけ。

愛し合っていっしょになったはずの夫が、妻が、子どもに、また子供がその家の外で他の子供に。。心の奥の奥の奥底に封じ込めていたものが、特定の相手に流れだしてしまう。


DV被害者、DV加害者という表現もよく使われるが、いじめ同様、加害者の心の闇の方が、こちらも深いのです。どちらも互いに共依存関係にあること、被害者が実は加害者を心の底では必要としていたりすることも知られている。


豊田真由子議員のメディアでの取り上げられ方を見るにつけ、やっぱり、日本は心の分野において後進国です。

これまでもこれからも発達の兆しもなかろうかと。まあでも今に始まったことではない。

国に、何も期待できないって思ってきました。政治にだって。他人にも、期待するなって。

するなら、自分に。自分に期待しよう。


どんな問題も、悩みも、解決したいという素直な思いさえあれば、半分は解決したようなものだ。病だって、DVだって・・これはまあその筋の先進国での話だけど、克服して明るい笑顔を取り戻していった家族たちを、私はしっかと見届けてきました。何組も。それはもうやっぱり取り組みが違うものね、日本とは。まるで違う。23週間で、あんなに変わるものかと。薬中みたいな仲間も、ちゃんと社会復帰していった。


今の日本ではどうなんだろう。どうも聞いているとほんの5分程度の問診+薬漬け みたいな「心理療法」ではね。そんな病院ばかりではないとは思うが。なかなか自分の足で、自分に合った医師や治療法を探し出すという行為も主流ではないような。


まあその辺の相談に乗ることぐらいが、ナディアオフィスの得意技でしょうか。

ただ、私も自分のドクターから言われたが、何であれ「治す」のは医者ではない、自分自身だということ、これだけは忘れないで欲しい。豊田真由子議員だってまだ大丈夫でしょう、克服して、Anger management/アンガーマネジメントのエキスパートでも、目指したらいいじゃない。この事態を克服できればそれはもう彼女の最高の武器になる。アメリカじゃみんなそんな感じ、私のセラピストだって、過去においてはバリバリの過食嘔吐だった。皆Recovery/リカバリーよ。


リカバリーとして、誰もが立ち直り、幸せを感じられる日々をと、切に祈っています。


取りあえず起き出しまして、元気になりつつある井上でした。
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

勉強会ハイライト

10:00〜 PART1:そもそもの占いとタロットの基本事項、日本タロット占術振興会としての取り組み、仕事としての占術鑑定について

imagep1.jpg


日本タロット占術振興会の成り立ち、主催者が占術にまつわる仕事をするようになった経緯、
師との出会いやその教え等webページでお伝えできていない詳細まで、ご理解頂けたかと存じます。

霊感占い、スピリチュアルカウンセラー、一般の身の上相談、心理カウンセリング→各分野にそれぞれの役割があって、それぞれがしっかり社会で役立てて頂く事が大切だと思います。

占い・・私たち以上に、世間一般の皆様にはまだまだご理解頂けていない大きな分野です。
スライドでもご紹介したように、卜術、占いの起源や伝統は文化の起源でもあり、非常に深いところがあります。が、だからこそ調査、情報発信、普及活動に専心している井上とその仲間たちでもあるのです。

でも一般の方はそんなことわかりません。「占い」でひとくくりです。

いきなり手を出されて、私の運気どうですかと聞かれたところで、占い師だって解らない人には解らない。まして霊感を求められた日には。。


だからこそ、きちんとご説明し、適切に働けるよう、こちらが相談者を導くことでは?


お客様は、何もわからないからお客様なのでしょう。

あなたも客として、誤解から、間違って商品選んでしまって、後から「え、こんなものだったの?」思った経験、一度や二度はないでしょうか?

売り手には商品説明を正しくする義務がある。

商品=モノだけではありません、自分ができる仕事 サービスも然りです。

サービスを提供する以上、最低限のお客様意識があって、ビジネスの世界に足を踏み入れられる気がします。

(中途半端がこれまたやっかいですが・・)


お客様は神様です・・ 故日本の演歌歌手三波春夫氏のHPで学ばれて下さい。


10:30〜 PART2:ウェイト版とマルセイユ版とアリス・タロット等のアート系タロット、絵柄を使い分ける意義
imagep2a.jpg
imagep2b.jpg
imagep2c.jpg
imagep2d.jpg

11:00〜 PART3:大アルカナと小アルカナの使い分け チェシャ猫さんのケース他
imagep3.jpg

11:30〜 PART4:占い師のお仕事その1 電話占いについて
時間におされて短いディスカッションとなってしまいました。
現職の占い師さんの実体験や本音等懇親会でも花が咲きました。
IMG_20170617_140622.jpg

というわけで、今後とも日本タロット占術振興会では、占術一般の普及、
タロットについてはヴィスコンティ版、ウェイト版、マルセイユ版、アート系タロットの普及活動に努めつつ今後とも力を注いて参ります所存です。

未消化な部分はPDF+解説文書でアップロード予定です。
また全編のハイライト動画一部を会員ページにて配信準備中です。
少々お時間を頂きそうですので、次回の研究会日程等も9月以降でご準備頂ければありがたく存じます。

ハーブ園芸、芳香療法など仕事の枝葉が広がっており、それぞれのブログやネットサイトがあったほうがわかりやすいかとは思いますが、何分井上一名で対応しておりますので大きな発信源はこのオフィスブログで統一させて頂きたく、
園芸作業等で外出も多く、メールやお電話の折り返しにお時間を頂くこともございますが、
ご理解賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

当日も体調優れず、何かとご迷惑をお掛け致しました。
が、また次に進めることができますこと、ありがたく、ご参加者の皆様、また本ブログを楽しみにして下さっております皆々様に、心より御礼申し上げます。
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 09:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

言いたいことを言えること


言いたいことを言えること。
それを聴いてくれる人がいる場所があること。

これが、占いの現場では、いや人が人に何かを相談する場において、
セラピーでもカウンセリングでも、大大前提であり、本質、核心です。
たまたま昨日かな、NHKのあさイチという番組で心に傷を負った小さな子の特集を放映していて、上記のことばが。

井上もよく講座で「占いってね、変な質問多いですよ」ともう重々受講生の皆さんにお伝えしています。
それはまさしく上記のことを言いたかったのですね。
占いにタブーなんてありません。人の死期だとか、聞かれますよ。それにいちいち説教している占い師を、20代の頃は現場でしばしば見かけました。それは自由です。が、多分、その人の「お仕事」にはならないでしょう。
好きだからと占い得意だからと、館に来て、仕事にならずに辞めていった方、たくさんいらっしゃいました。

当方真逆で、占いを生業とさせて頂いている身ということもあり、6/17土曜日は現職の占い師さんはもちろん、占いは好きだけど、仕事にするのはまだまだこれから という方にも、ためになるような講座をと企画しております。

充実の教材陣。受講料に含まれており、こちらですべて準備して参りますので、てぶらでいらして頂いても。
20170607komagomekouzayou.JPG

日程は下記の通りで構成してみました。

明確に線引きをして4つのコーナーとして独立させています。まず、非会員の方、初学者の方もいらっしゃいますので、日本タロット占術振興会としての取り組みの紹介から、タロットの使用法の基本に触れたいと思います。


わたし自身、占いが好きで、別に資格制度はないし、タロットでも西洋占でも好きで得意な占いで自由に仕事にしていいのだと思っていた部類です。

こちらのブログを楽しみにして下さっている皆様は、占いとは命術、相術、卜術の三術の併用が原則であるということは、ご理解頂いているかと存じます。


原則と言っても、ルールとか決まりとかではないのです。

卜術であるタロットで占断できることとできないことがある。

できない分野は他の命術、相術がカバーしてくれるということで、おのずとそういうスタイルになるものなのです。

昔は占いと言えばこれら三つの術を併用するものでしたが、現在では内最低二術は併用せよというのが大原則になっていますね。。

この辺の話に不確かな方、ぜひ講座にいらして下さい。


「仕事としての占術鑑定」・・・今やメールはもちろん、スカイプ等利用したネット鑑定は周知のこと。原稿書きもありますね。まずは電話鑑定を取り上げ、その成功例を紹介させて頂き、長く続けるヒケツや電話での占いに特化したご質問も受け付けます。


★17日土曜日講座日程

0945会場


10:00〜 PART1:そもそもの占いとタロットの基本事項、日本タロット占術振興会としての取り組み、仕事としての占術鑑定について



10:30〜 PART2:ウェイト版とマルセイユ版とアリス・タロット等のアート系タロット 絵柄を使い分ける意義



11:00〜 PART3:大アルカナと小アルカナの使い分け チェシャ猫さんのケース※他


11:30〜 PART4:占い師のお仕事その1 電話占いについて


これからせっかくの趣味を極めた占術でサイドビジネスを、、とお考えの方に充実の内容となることうけあいです。


★御参加を迷っていらっしゃる方は、私どもで何ができるか、どんなことのお役に立てるか、一度直接聞いてみてそれで判断しては。率直にできないことはできないとお伝えするかもしれませんが。


※そうしまして、チェシャ猫さん、例の眼科選びの件でモニター相談に参加して頂いていたチェシャ猫さんからこのようなご報告頂きました。

(ご相談内容、タロットの出目はこちらで振り返ってね)

http://nahdia.seesaa.net/category/12169450-1.html

「・・眼底検査で瞳孔を開く点眼薬を使うので、検査後45時間は車の運転はできませんと言われ、今日は車で来ているので次回にと言ったら、『まあここでお酒を飲んだらさすがに運転して帰るのはまずいですが、目薬をしたら運転してはいけないって法はないですからね』という妙な説得がうけました。。」


チェシャ猫さんのご相談は要約すれば、『近所の眼科か別の眼科か?』という一見二者択一の質問のようではあります。

その他のご相談でも詰まるところ「別れるか否か?」「転職か残留か?」などすべてのご相談が二者択一の岐路に立たされているかのようだったりするものです。

がしかし今回も二者択一で問うということはしなかったわけですね。


続きは17日土曜日に!

※※チェシャ猫さんのケースは皆様にも事前に取り組んで頂き、ご相談者にお勧めの一つの道筋を絞り込んでみて頂きたい。「聖杯の騎士」が誰なのか、「塔」が示すことは一体何なのか・・・ユニークなエピソードが醸し出されることに。


御参加者の皆様にも感謝ですが、こうしてモニタリング役を務めて頂ける数少ないご相談者様にも深く、感謝です。勉強会に参加できなくても、週に一度、月に一回等定期的に井上の学びの場に足を運んでいただいている皆々様、心より、ありがたく、存じております。

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 17:30| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月17日タロット勉強会共通課題

チェシャ猫さんからのある日のご相談。
『近所の眼科に行って簡単な5分程度の検査で異常ありませんでした。

特に目の病気と言えば、まず眼圧の検査ですよね。ここに異常はないようですから、医者が言うようにドライアイが時々発症しているのではという感じで、大きく心配はないものなのでしょうか???むちゃくちゃ痛みますし、残像が見えるのが気になります。もう一度その病院に行って検査を依頼すべきか、他に行くべきか?どう思いますか?

手順としては前者なんでしょうが、、やっぱりこういう感情を抱くとうのは、医者や病院に対して違和感があるんですね。ただ最初感じ悪いなと思っても、二回、三回と足を運ぶうちに違和感がなくなることも、ありましたから、ちょっとまだ一回診てもらっただけで他へ、というのは性急すぎると言うか、一種ワガママかしらとか。別のところでまた、改めて初診料、検査費用とかさむわけで、そういうゆとりがあるわけでもなし。悩んでいる時間が経過するよりは、やっぱ別の医者ですかね、何だかなという時代ですよね。』

20170530heltproblem00.JPG


20170530heltproblem01.JPG

ご相談者のプライバシーもございますので、
この相談についてのご質問、ご相談の背景については個別にメールでお問合せ下さい。


posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 17:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

2017年前半のまとめ

気が早いようではありますが、今年ももう半年が過ぎようとしているのですね。


まだぼちぼちという感じですが、園芸、ハーブ、タロットアートワーク等のモノ作り教室、ご好評を頂いております。


ではこの前半を振り返ってみましょう、、

と言った時に、それはもう昨年までにもさかのぼらずえをえない。「時」を分断することなど、できないのです。

そう・・「占術」は「過去の重要性」を著しくしらしめてくれるものですよね。

今、そしてこれからの未来は、必ず過去からつながってやってきているのです。


まあこれは17日の勉強会で、タロットでは何故「過去、現在」の札を繰り出すのかという話で。今後のことが知りたいのなら「未来」の札だけ出せばいいでしょう?


さてさて振り返りますは昨年12月末のローズマリー&パンジー・ビオラのX’masツリー仕立て。

loveryxmas.JPG


3月初旬の肌寒い時期には、花盛りとなり、元気をいっぱいくれていたパンジー&ビオラ&ハーブさんたち。オーナメントを小人さんに差換えて。
yoseue-spring.JPG


5月母の日頃にはトウダチしだして花姿も乱れた感が、、
afterpink&redviolla.JPGafterpink&redviolla03.JPG
なのでお花はばっさり。数日後にはもともと植えこんでおいたアイビーが主役に!
これが寄せ植えの楽しいところですな。あなたもいっしょに開運ガーデニングしてみませんか?

pink&redviolla-only.JPG
ドライにするとこうも少ないですが、、
after-pink&redviolla-only.JPG


上記のドライ・ビオラにスミレのポプリオイルも加えて、

アルカナ女教皇&女帝をイメージしたポプリ「Queens of Tarot」を仕上げました。

PotpourriQueens of Tarot.JPG
Queensは火地風水の四世界の四人の女王を示しています。

あらゆる女性たちの母であり教育者である女教皇、女帝からやはり彼女たちも生まれたのでした。

レシピのメインはラベンダーとバラ。ほどよい華と清涼感がお部屋のルームコロンにうってつけです。ベッドサイドやピローに香りづければ心地よい眠りにもいざなってくれますよ。

ドライハーブの使い方、ハーブの種まきから苗の育て方まで、ハーブ教室開催中です。


下記は最近のタロットアートワーク、大作はミンキアーテタロット柄をデコパージュした四連&二連フック。絵柄の出し方も透け感をだすかマットに仕上げるか、色々でございます。

何かと物議を醸しだすアルカナ8&11・・「正義」&「力」
3renfoock-vis01.JPG


こちらは「節制」を加えた三美神☆彡
2renfoock-vis01.JPG


タロットの絵柄をデコパージュしたウッドボックス、横置きばかりでは脳がありませんな。壁に吊るしてみたり。中にフックを取り付けてシークレットな鍵箱に。

3boxes.JPG 3boxes01.JPG

3boxes02.JPG
ショップのおまとめ買いのプレゼント企画に登場しているアイテムですので、この
機会にいかがでしょう?


タロット&星読みも、とことん活用しつつ。
下記のようなご相談が最近多くなってきた感が。
チェシャ猫さんからのある日のご相談。
『近所の眼科に行って簡単な5分程度の検査で異常ありませんでした。

特に目の病気と言えば、まず眼圧の検査ですよね。ここに異常はないようですから、医者が言うようにドライアイが時々発症しているのではという感じで、大きく心配はないものなのでしょうか???むちゃくちゃ痛みますし、残像が見えるのが気になります。もう一度その病院に行って検査を依頼すべきか、他に行くべきか?どう思いますか?

手順としては前者なんでしょうが、、やっぱりこういう感情を抱くとうのは、医者や病院に対して違和感があるんですね。ただ最初感じ悪いなと思っても、二回、三回と足を運ぶうちに違和感がなくなることも、ありましたから、ちょっとまだ一回診てもらっただけで他へ、というのは性急すぎると言うか、一種ワガママかしらとか。別のところでまた、改めて初診料、検査費用とかさむわけで、そういうゆとりがあるわけでもなし。悩んでいる時間が経過するよりは、やっぱ別の医者ですかね、何だかなという時代ですよね。』

20170530heltproblem00.JPG  20170530heltproblem01.JPG

_______________________________________

まあでもね、心と身体の健康あっての、ハッピーライフです。

占いだけやっていてもね。また占いをしたからといって、というところがあります。


 わたしどもの占いが皆様の転機となるような、深みのあるものでありますようにと、日々試行錯誤しております。


 フィール・ダウンする時には、緑に囲まれ、自然の力に触れることが、特効薬でもあるかと。

tentoumushizoom.JPG
テントウムシ てんとう虫 天道虫 色々書き方ありますね、園芸ブログでサナギの画像が見れまする。



◆ナディアさんのストレスレス園芸&開運ガーデニング特価は6月いっぱいまでです。


◇6/17土曜日のウェイト&マルセイユ&アリスのタロット、展開法から大小のアルカナの使い分けまで の御参加お申込締切は6/10土曜日いっぱいまでです。

古城の国のアリスでのランチは残念ながら、現在参加者の中で黒一点となるお方がNGでしたので、またの機会に!

※それよりも、男子の方、ふるってご参加お待ちしております。


◆マガジン「星のカフェテラス」に6月の運気をUP★ 西洋占受講中の皆様、あなたの占断はいかがですか?チェックしてみてね。
月刊ステラ・マガジン http://stellamagazine.net



posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 02:29| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

6月17日土曜日勉強会 会場につきまして


駒込地域文化創造館 第4会議室で開催となりました。
10時開始なので、9時半頃には開場したく、
早めにいらした方から受付、机の設置等お手伝いお願い致します。 

勉強会は、実際の鑑定例を多く取り扱いたく、あなたの新しい「タロットのトリセツ」を完成させることを目指していただければと。

勉強会後は、タロット・占術愛好家の方々との懇親会を開催いたします。
趣味の愛好家、プロ活動中、コレクション専門等々皆で一堂に会し意見交換に花を咲かせましょう。


皆様会員・非会員問わず振るってご参加下さい。
ご参加お申込受付中です。

日程内容詳細
                     

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 22:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

ウェブショップの5月ケルティック・フェア☆彡 

5月ケルティック・フェア☆彡 ・・ご好評頂いておりましたが、

残念ではございますが、あと一週間程で終了です。


画家ルイジ・スカピーニを特集した解説書もお喜び頂いているようで、私どもとしても嬉しく!


6月にも大★企画が予定されているのですが、それまでの間もショップサーフを

お楽しみ頂きたく!

つきましては、お取り寄せとなりますが、「生命の樹」モティーフのロケットペンダントなどいかがでしょう?

父の日も近いこの時期、ご家族のお写真など2点入れて首に飾れます。。

il_570xN.1102862170_khjp.jpg


il_570xN.1102642998_mlcm.jpg

ちょっとお高いですが、フェニックスモティーフのこんなシルバーペンダントはいかがでしょう☆

phoenix_charm_front_thumb_700_2_a76880c9-cca0-4c6e-b3c0-509983d85a56_large.jpg


カジュアルな六芒星ネックレスもみつくろってございます♪
一応メンズ、イスラエルで女性の職人さんの手作りというところが!
プレゼント用のボックスに入れてお届け下さるので、父の日やご主人様、
彼への贈り物に最適ですね☆

アリス・タロットモティーフのスカーフも!
Alice-scarf_pink700front_67d9f923-ef75-4262-aa31-7ac008ad99ad_1024x1024.jpg

月刊ステラ・マガジン・ウェブショップ http://stellamagazine.cart.fc2.com/
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 11:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

通信講座の添削も

遅れがちで恐縮です。
添削課題の発送開始しております。また、通塾・通学受講生の皆様、
よろしければ、前記事のヘキサグラムの解釈などに挑戦してみて! 無料添削サービス中です(笑
解釈に必要な情報が欲しい場合は(相談者の詳細等)お気軽にお問合せ下さい。

井上より
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 19:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

試験無事修了

お陰様で終了致しました。当日は勉強不足で合格ラインに達しておらず、どうせ落ちる試験なら棄権しようかと。。

その際の出目が下記。どうでしょう? 試験と自分との関係性を出してみました。

imageJukenToujitsu.jpg


あれっヘキサグラム? 二者択一じゃないの?

と思われる読者の方がおられるかもしれませんね。しかし「棄権か否か。。」と

白か黒かのようなことばが、鑑定の際には相談者から発せられたとしても、先回の投稿にありますように、


相談者の言葉通りの質問を立てるということはまずない


のです。これについては東洋占の学校の校長先生も仰っているように「易はおみくじではない」。占いは「二者択一」の道具ではないのです。では何なのか、ということから「占的の立て方」をも、6/17の講座では触れて参りましょう。鑑定師はよくよく相談者の話を聴くべきだと常々どこでも話しているが、やみくもに聴くのではない。何を占的にしてどのように絵札を読むかを、占師自身が判断するために、傾聴の姿勢の背後にはその材料集めという必須課題があるものだ。


そうそう、今回の検定試験の勉強、改めて「ネット情報の恐ろしさ」に触れた。

専門とうたっているサイトの情報でさえ危なかった。

だから試験直前まで大きな勘違いをしていた、、

それがウェイト版22枚の大アルカナによるヘキサグラムに出ている「正義」逆位置でした。その誤認が試験場に行くまでの電車内で発覚。

あと絵札の引きのセンスが問われることがあるが、そう言うものは本当にあるのかとの質問も頂いており。詳細は6/18の会でぜひ!


すみません、結局5月前半は試験勉強に専念してしまい、、

皆さんの連休、母の日はいかがでしたでしょうか?

あっという間に梅雨直前のムードですが、、

弊社ではテントウムシが見ごろです。

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 23:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

異なるデッキによる同一の案件についての展開


たとえば「514日に試験を受けるのでそのことをみて下さい」といった、試験の合否についてなどの依頼もあるでしょう。ご相談者がどういったことを仰られるかにもよりますが、


「受けたら合格できますか?」といった未来予知的な占断の求めに応じるのは極力、会の人間としては控えて頂きたいところでしょうか。


井上の講座では「タラレバ」を占わないようにといういわゆる「占い」のやり方の基本、タロット解釈以前の使い方の基本の説明から入っています。これについてまで「解釈実践事典」「象徴事典」でも触れることはできませんでしたので。


5月のタロットマスター・メンバー紹介のコーナーに登場して下さっている紫子さんのエピソードに下記があります。

「彼は私の事をどう思っているのでしょうか?」というよくある質問に対して、特に何も思いませんでしたが、今は「彼は他に気になる女性がいそうです、貴女のことは何とも思っていません。」という回答が欲しい訳ではないのだから、「彼に好かれる為に私はどう努力したらいいでしょうか?」という質問に変えてもらいたいと強く思うようになりました。


お気持ちに深くうなずけます。しかしながら現職の鑑定師としては、その気持ちを直接ご相談者に向けることは、通常はありませんね。

一方でまた、相談者の言葉通りの質問を立てるということもまずないでしょう。

どう占的をしぼり、どういった展開を用いるか? 鑑定師の腕とセンスが問われます。



というと少々えらそう? でもそのくらいの自負があってお金を頂けるというものでは。。その辺のことも、当日長くプロ活動に携わっていらっしゃる先生に伺ってみましょう。

6月の研究会では、こういうそもそものタロットの使い方も含め、主催者の最新情報をお届けしたく。


また、「異なるデッキによる同一の案件についての展開」も扱います。

514日に試験を受けるのでそのことをみて下さい」といった依頼に対するデッキごとの展開、出目の違い、アドバイスについて。

Case1:不思議の国のアリス・タロット

alice-shiken.JPG



Case2:ウェイト版

image.jpg


Case3:マルセイユ版

imageアルカナ正義1.jpg


もちろん会では、ご相談者の質問の背景から展開法の詳細まで解説します。大アルカナと小アルカナの使い分けから、いわゆるスタンダードと言われるデッキとは異なる、自分の愛用デッキの解釈まで、幅広く参考にして頂けるかとも。まだまだお席がございますので、御参加お申込お待ちしております。当日をお楽しみに!


http://www.tarot-society-jp.net/tarotmasters/public.htm

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 23:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする