2018年09月20日

「日本タロット占術振興会便り」本日ウェブにて配信完了

会員の皆様からの有難くためになるお便り、コメント、メール、お写真等もここに紹介させて頂きます。

美音様より2018年06月30日ウェイト版&マルセイユ版 講座後記 に下記のコメント頂きました。

「あなたの思いは置き去りに」は本当にその通りだと思いますし、私もそうあるように気を付けています。 でも、疲れていたりするとうっかり思いが入り易いのでまだまだ精進です。 レポートとても参考になりました。 お忙しいところありがとうございます!

コメント誠に、ありがとうございます。そして、なんとずっとコメント通知がなかったために、開示せずに今に至ってしまい、申し訳ございませんでした。

そうですね「ニュートラルな精神状態」あっての、タロット解釈でもありますね。そのようにご自身で明確に意識されているので、道のりはそう長くはないかと。大丈夫ですよ!

だいたい何年やっていてもどうしても対面する相手が苦手なタイプの場合などは・・・(笑 まあ生身の人間ですから、いつでも誰とでもパーフェクトはありえません。

そういう中で「マルセイユ版」各絵札の構図と五色の色彩が、鑑定師の心と身体をニュートラルにしやすいものだということを今各所で伝えさせて頂いているのです。ウェイト版の「塔」、昨日もある受講生さんが「やっぱりこの絵を見ちゃうとねー、あーダメなのかーとかかなり痛い感じがする」と。でもマルセイユ版16番だと「あ、これが塔? なんか軽い感じですね!」

調子がふるわない時には、マルセイユ版なら刺激がマイルドでOKかもです!

コメント心から、ありがとうございましたm(_ _)m


T.Y.様より 2018年08月28日不思議な「愚者」に下記のコメント頂きました。

確かに絵には描き方や鑑賞の仕方という一定のルールがあります。

でも、勉強したことがない人は、タロットの絵の印象だけを受けてしまいます。

それでその印象だけでお仕事をしてしまうのは、致し方のないことですよね。

勉強したことがない人は、かえって絵からインスピレーションを受けて、自由な印象のままに、色々な発想ができ、それで仕事になればそれでいいという考えも、わかる気がします。.

Posted by t.y. at 20180917 22:51

コメント誠に、ありがとうございます。

わたしが強調したいのは「勉強」ではないのです。

確かな文献を調べる限りですが、「タロット象徴事典」にも書かせて頂いたことですが、タロットと言えば絵札です。「絵の解釈」が原点です。「絵」はそもそも何のために生まれ出たのか?メッセージツールとしての発祥、おのずと確立された「絵の描き方や鑑賞の仕方」、そういった「伝統」を解釈に取り入れることで、一定のブレない解釈という効果に期待できますよ、ということなのです。

「別にそんなのどうでもいいですよ、1年で取りあえずタロット占い師になれれば!」というご意見のほうが圧倒的に多いのは、今になって始まったことではないのでしょう。

占いを依頼する側の、そういう中のことはよくわらかない人たちにとっては、もっともっとどうでもいいことでしょう。ただ、そういうよくわからない大多数の人に押されて、世の中の大きな流れというものは出来上がっていたりするものです。

比較的わかっている人間として、自分なりの爪あと程度でも流されず抵抗したり、そんな井上です。

解る方には、こんな話はご無用です。一種プロフェッショナルってそういうものでしょうと。このブログを楽しみにして下さっている人たちは、そうですよね♪

10年、20年経って、中断した学習を再開したいという声も頂いております。現場に出るようになってから、うちの講座のよさを実感したというお声も。だから、うちは本物です、プロですから。皆さん安心して下さいね(笑 

回り道にも、大きな意味がありますな。


東北支部翠倖先生より

8月下旬太陽移動の頃、ふとお写真とお手紙を頂きました。

エキナセア、パープレアはうちの種子だそうです!! 毎年美しく咲いてくれているとのこと。超嬉しいです。

ekinacea.jpg

なんとお庭に、ニホンカモシカがご来場とのことでまたびっくりです。また望遠レンズですよね、撮影難しかったかと思います。風水では動物が来てくれるのは吉兆だとか。親子、人里からちゃんと戻って、無事に過ごしてくれるといいです。シカにもクマにも、日本はこわいところになってしまった。

kamoshika.jpg

航空自衛隊の町にお住まいとのことで、うろこ雲&飛行機雲???うんうん、あー夏だなーという青空。

bluesky.jpg

頂いて、ガッチリ夏を満喫しました。って、井上はどこでも夏に強い、夏人間なのでした。


ではでは、2018/09/20配信「日本タロット占術振興会便り」は会員ページにてご覧下さい。

下記3本でお届けしております。ご意見、ご感想、お待ちしております。

・ヴィスコンティ・ブランビラ版

・小アルカナは数の神秘の世界(M・ダメットの功績)

・タロット深読み


posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 18:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

9月19日 14時〜日本易道学校にてマルセイユタロット大アルカナ講座のガイダンスです

すっかり9月も中旬に。ブログやツイッターを更新する時間もなくなってしまいました。が、何とか無事に相変わらずでございます。

昨日は易道学校でした。

2018-09-12 Wednesday

こういうタロットの読み解きのレッスンはいかがだろうか?

冒頭からアルカナ]X「悪魔」の解釈の実践鑑定例を持ち込み。

image20180912ekikouza00.jpg


まあなんて話もまた、私も話し方がまんで下手っぴいなので、もう仕事を干されるのではと正直冷や汗ものでございます。その後は順当にこの日の本題アルカナ]Y「塔」・・・いつから、「神の家」が「塔」になったのか? 欧米人も日本人にもある程度浸透している「バベルの塔」の逸話に触れ。

imageMarseilleTower20180913.jpg

imageTower20180913.jpg稲光が水瓶座の星座記号ぽいという話も。

まあ従来より落雷=神の戒めと言う解釈もあり、

また、誰の身にも降りかかり得る自然現象でもあって、「自戒」するばかりが手ではないこと。


参事にあっては「壊れた」ことを逆手にとっての再建しちゃおうぜ、ぐらいの機転こそが、未来を切り開くヒケツだろうと。

伝統的なマルセイユ版]Y「神の家」においても総力結集の時だ。人生で自身のあらゆる総力でもって事に当たることなどが一体何回あるでしょう? 生まれて死んでいく、その中で、たとえば病苦にあったり、災難にあったり・・もう全力少年です。いや中高年でもですね、家族&自分の城もろとも激動の時を迎えるわけです。

がしかしです。必ず、総力であたれば、あなたの人生、あなたの総力を持てして乗り越えられないことなどなかったと、あたくしめなど振り返っていい年の大人は感じておりますが、まあ振り返るとそれがあったからこその今。結構ポジティブな振り返り。

ネガティブにしかなれないけど、壊しちゃってよかったよとか。

ねえそこのあなた様もそうなのではありませんか?

それこそが、タロットと共に全力でお伝えしてゆきたいことなのでございます。

なのでねー、なかなか講座も、会も、流行らなくて、申訳ないのですが、

そもそもそういう「人間にとって大事な精神性」といった事柄をですね、「占い」の世界に見出そうとする人が、もう「絶対数」が少ない。ハッキリ言って。

要は、当たってなんぼ、人気があればOK、儲かればそれでいいと言った風潮です。

それでまったく当初は構わないでしょう。ちょこっと独学、ハイ、占い師になりました、プロでもセミプロでも仕事に携わりますね、そこから壁に必ず、ぶち当たります。その時、その壁を、占術をもってして、おそらくそういう人は乗り越えられないでしょう。「自分のことは占わない」と体よく逃げますでしょ、

あとはそこそこ御慰みに、心のエステに、手かざしや霊視も加えちゃおう。おいおい。


壁を打破する力を・・壁とは何なのか? その時求められている力とは何なのか? 

特に若い人たち、もしくは、今もって未だその力を感じられずにいる中高年以降シニアの方たちに、まだまだお伝えしていければと、井上日々これでも精進させて頂いている次第です。

易道学校の岸本校長先生は「易は人生の解釈学」であると述べられました。

易=タロット 同様に。

私は、幸い、西洋占星術家である師ワタナベ氏より、そういった人として大事な精神性というものを、またその近辺の先輩方から学ばせて頂く機会に恵まれました。もしかして、その師との出会いがなければ、わたしも堕ちていたかもしれません。最近正直、ぞっとすることが。チャンスを生かすということを、引き続きライフワークとしていかずして何とするのでしょう。

占術というものは、人を幸せにする術であって、使いこなすための学びの場を、まだもう少し易道学校では頂戴できるようで有難く存じております。

いつまで続けられるかは、本当に冗談抜きでわかりません。

まあミス、そして遅延が多い人間ですが、人間それぞれに長所と短所がございます。早くても、中味が薄い仕事になるより、遅れてもしっかりした内容をというのが当社のモットーでございまして、恐縮でございます。マガジンも、会の連載も、通信添削も進行してはおります。

取りあえず今は、10月開講のマルセイユ版講座、ここに集中しないともう大変でございます。我が家が神の家でございます。拡散宜しくお願い申し上げます。

広告

易道クラスのご案内 marseilleclass20180913.pdf

タロットの使いこなし方が中心です。

若い方、またシニアの方共々、ぜひとも、ご参加下さい。

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 21:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

不思議な「愚者」

1612992713.jpg

1612992713-4.jpg

British Museum/大英博物館から画像をお借りしました。やっぱり愚者の頭が切れていますね。。ある意味ホッともしますが、やはり頭が切れていない「絵」なり「写真」なり、基本です、スタンダードです。特に頭が切れている写真とかもうね、個人的にイライラしますよ。。

あ、そうそうマルセイユ版の愚者ね。その頃は、「愚者」に番号があえてわざわざ振られていませんでした。あえてタイトルは付け出されたのですがね。。

それには、ゲームカードに由来するところがある。

当時人気のあったカード・ゲームの一つにトリック・テイキングというものがあり、そこでは「Matto」はいつでも出すことができる「Excuse=免除札」で高得点が与えられていました。他の札の代わりにいつでも出せる札ゆえに、番号もタイトルも記載されていないという存在でした。札にMattoと書かれていたわけではなく、そう呼ばれていたわけです。Matto以外の他の札は「Trionfi」※と呼ばれていました。

※Trionfi:イタリア語『切り札』を意味することば。ここから和名「トランプ/trumps」が派生している。宗教上の「儀式、行列」を意味することばでもあり、聖者の行進を取り仕切る行政官は、神託や占いの力をも兼ね備えていました。

ゲームや賭博用のタロットは、イタリアでは15世紀以降、フランスとスイスでは16世紀以降すでに広がりを見せています。その中で通称マルセイユ版と呼ばれる78枚のセットはまた別の用途が見出され、一貫したスタイルで描かれるように独自のルールを伴いだしたことがうかがえます。

イタリア語やフランス語の文献をわかりやすくお示しさせて頂くのは至難でございます。許せ。。わかりにくところは何でも個別に質問してちょうだい。

 ドダル版復刻作品はやはりこちらがオススメ!



posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 10:00| 埼玉 ☔| Comment(2) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

2018夏・ナディア・オフィスの色々

タロットアートワーク講座をお楽しみ頂けました☆彡
woodworksall.JPG
今回はわたくし井上の作品のみ、ごく一部のご紹介です。

木製ポットカバー ローズマリー、アロマティカ、ポルトジンユの挿し芽をしています。
potcover.JPG

ルーム?ネームプレート? 一見失敗したと見えたプリントアウトから生まれたデザイン!
nameplate.JPG

プリントの半分に黒線が入ってしまったのですが、これを見たとたんにひらめきが!
2018art.JPG

oushi-box.JPG
タロットはアートですからね、絵心が大切です。地の星座ご用達★
minkifuroku.JPG
タロットアートワーク作品が一部商品の付録になっております。
furoku.JPG


SwissItems3wl.JPG
remotebox.JPG remotebox2.JPG
リモコンBOXにもデコパージュしてみました。お教室用のジャンボサイズのウェイト版が収まります。

個人鑑定、レッスン他すべて予約制にて恐縮ですが、ご理解とご協力の程賜りたく、引き続き何卒、宜しくお願い申し上げます。

遠方の方に朗報★マルセイユ版通信講座も始まりました☆彡


諸事情ございまして、楽天市場のショップがしばらく閉鎖となりますため

急きょ、旧自社ウェブショップにグッズコーナーを開設しております。

http://stellamagazine.cart.fc2.com/?ca=102


よろしければこの機会にご利用下さいね。

※※ハーバルタロットの入荷は9月に延期となっております。

今日あたり過ごしやすかったですが、台風や猛暑の戻りにも用心したいですね。

皆様の健やかなるご多幸をお祈り申し上げます。

お問合せ、お取り寄せ他、ご意見、ご要望等何なりとお寄せ下さい☆彡

ナディアオフィス 井上でした。


posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 22:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

鼓腹撃壌(こふくげきじょう)アルカナにタイトルをつけるという学習法があるのですが、

アルカナにタイトルをつけるという学習法があるのですが、


師匠や先輩から学ばせて頂き、かねてより個人レッスンでも学校の講座でも取り入れている次第です。


先日、通信受講生の方が「4 of Wands」に「鼓腹撃壌(こふくげきじょう)」と名付けられたのですね。

wa04.jpg

お恥ずかしながら!!

読み方からして、このことばをネットでざっと調べさせて頂いた次第です。

本来、あまり推奨されないものの調べ方で恐縮です。。


参考:Wikipedia

四字熟語辞典


上記等のコピペであれですが、

「十八史略」(じゅうはっしりゃく)という、中国の子供向けの歴史書の中で語られている古代中国の8人の帝王について記されている中で、堯(ぎょう)というひとりの君主の一種の神話がつづられている中のひとつのエピソードに由来する古語とのこと。

エピソードは下記

堯は、自身の治世によって天下が本当に治まっているか、民は満足しているか確認するため変装して民衆を見に行くと子供たちが、堯を賛美する歌を歌っていた。これを聴いた堯は、子供たちは大人に歌わされているのではないかと疑って真に受けず、立ち去った。

ふと傍らに目をやると、老百姓が腹を叩き、地を踏み鳴らしながら(=鼓腹撃壌)楽しげに歌っている。

この歌を聴いて堯は世の中が平和に治まっていることを悟った、とされる。


というわけなのです。


鼓腹撃壌(こふくげきじょう)とは、

鼓腹=腹鼓を打つこと

撃壌=土壌を踏み鳴らし踊ること。


・・・人々が平和で穏やかな暮らしを楽しむさまのことです。泰平な世の中のたとえ だそうです。


調べていてふとわたしは、「The World/世界」のイメージもほうふつとしたのです。タントラを舞いながら全世界の平和を喜ぶ両性具有の女神の姿を。


地平線を挟んで、この2枚が結ばれているイメージをですね。

eri21wl.jpg

       |

wa04.jpg

 そういえばツイートの件

ウェイト版の原書では、「LE MONDE/世界」について、

It represents also the perfection and end of the Cosmos, the secret which is within it, the rapture of the universe when it understands itself in God.

加えてこれが示すものは、宇宙の完全性と終わり、宇宙の中に存在する秘密、神の中に宇宙の理解を見出したときの歓喜です。


と、やはり「宇宙/Cosmos」に言及しています。

が、冒頭でこの大アルカナについて、「メッセージは変更されていません。確かに実際、デザインにおいて、変更できるものではありません」と語っているように、タイトルについても「世界」は「世界」。変更するべきものではなかったのでしょう。タントラについても全く触れてはおりませんが、

これについての最悪の説明の1つは、イニシエーションの最高レベルに達した魔術師/オカルティストなどを象徴しているというものです。

という記述があり、たとえば、タントラ=性魔術として世に広めるオカルティストなどもいることに端を発した記述である可能性はあります。

タントラとはそもそも、女性の性力を崇拝する仏教のシャクティ派の文献としてつくられたもので、その力を昇華させるための修行、ダンスなどもそう呼ばれ、中には、男女が性交渉にいたる儀式などもあるというところでしょう。それは古代ギリシアの巫女が行っていた神殿での儀式としての性交渉同様、あくまでも儀式です。オカルト的な性魔術では全くありません。

noblet21.jpg

 さて21The worldの女神ですが、ダンスを踊っているのは、これはまた多くの解説書で共通していることです。ノブレ版では足を組んでいないが、肝心なことは右足でリズムを取っている、タップダンス的です。


ウェイトは、「これはもう過去の特別な話かもしれないが」と前置きしてから「全てが善とされ、明けの明星が歌い、全ての神の子が歓びの声を上げていたような至福のとき」を物語る札だと解説しています。


つまり、今世界中が抱えているあらゆる問題、紛争といったものが一気に解決、解消した時を思い浮かべることでしょう。夢だね、まさにワールド・ドリームだ。だけど、身近なところでは、家庭では、教室では、仲間内では、できるのではないでしょうか。

授業では、22枚のアルカナですから、毎日引いていれば確率的に、22日に1回は引くことになる。そのレベルで「解釈」することが大事だと伝えています。


これらのタロットを作った人も素晴らしいですし、今回の鼓腹撃壌(こふくげきじょう)を「4 of Wands」を通して教えて下さったYさんがまた素晴らしく、有難い思いでいっぱいです。

自分の毎日の暮らしが平和で、近隣から、社会へと広がっていく平和の輪の広がりを切に願って止みません。


posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

一週間お疲れ様でした。

猛暑も相まって、暑さ疲れもひとしおかと。。

今週はだいぶ原稿に集中でき、ありがたく、存じております。

タロットの大アルカナの22枚、それぞれについ「モデル」を探してしまいませんか?

例えば「皇帝」は古代ローマ帝国総統のカエサル、「隠者」は旧約聖書のモーゼがモデルかも。。等々
もちろん、明確なモデルがあってそれを元にそもそも作られたわけではない「皇帝」や「隠者」ですが、たいてい持ち出されるモデルの光と闇、表と裏が結構アルカナの説明にフィットしてしまったり。

そうして最後、つい「愚者」のモデルも探してしまうんですが、、
やっぱりどこの誰でもない、でも誰しもが内に抱いている「魂」の擬人像だという解説がしっくりくるところに落ち着いております。
マルセイユ版、愚者に限っては1718フランソワ・エリのアルカナがわたしは好きで。帽子の角の部分が特に。
TFH171801.jpg

聖地巡礼の旅に出ているという説もあるけれど、そうなると「愚者」の自発的な行動としてはちょっとあり得なくて、誰かに導かれているか強いられていということになりますよね、何せ「愚者」です。
本人は意図せず、意識もせず、何も感じないまま聖地をめぐっているからこその愚者なのだろうか。

ともあれ、1600年代、読み書きなど通常できない庶民にとって「絵」は重要な伝達ツールだった。情報庫でした。

後にゲームカードとして広がるタロットですが、
もともとは絵柄について、その細部にわたるパーツや構図に描き方には決まり事があったもの。ゲームのためのものなんかじゃないでしょう、大アルカナはね。
おそらく、西洋に伝わる「BODY、MIND、SPIRIT」の伝統を伝えるもの。
日本では「霊魂肉」とも表現されるが、現代人には「心と身体と精神」と言うとわかりやすいでしょう。

そういえば、アルカナにタイトルをつけるという課題を各所で出させて頂いておりますが、、
小アルカナにことわざ、それも出典が「孟子」などとなると、ちょっとやっぱり難しいところがあるでしょう。深いので。。大アルカナならいなせるかとも。

たとえば「身から出たサビ」ぐらいの日常的なことわざにしてみては?

にしても素晴らしいことわざマニアの通信生さんがおり、ついていくのに四苦八苦しております。

下記のサイトがわかりやすく、ためになっています。

ではまた、どうぞ皆々様、充実の週末を!

おわかれに、Bon Joviのマイ・ライフを!とっても元気出ます。いつもこれ聴いてタイピングはかどらせてます☆彡
歌詞の 
俺は永遠に生きてるわけじゃないんでね、今を生きたいんだよ!!ってソウルフルな叫びがグッド。
ジョンも永遠の少年ですな。ワンコもいっぱい出てくるPV。あと出だしの「トミー、ゴミ出ししといてね」て言うお母さんがリアリティをかもしだしています。
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 20:30| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

今週末の業務はお休みさせて頂いております。

つつしみまして、ナディア・オフィスでは土日完全休業とさせて頂きたく、
メール・お電話、出荷、添削配信等また、
月曜日以降に順次対応させて頂く運びでございます。何卒、宜しくお願い申し上げます。

PC不調というのは、電源コード※が劣化しているようでこれを交換すれば回復するようで、先ほどコードが到着したので、様子を見させて下さいね。

台風上陸のきざしもあり、この機会にしばし例の原稿に一球入魂。月末までのお約束をどこまで果たせるか、力の限りでございます。

どうぞ皆々様それぞれの充実の週末を過ごされますよう、心よりお祈り申し上げます。

※2018/07/28 電源コードではなく電源ユニットでした。PCの中で電気を取り入れ各所に分配する部品で新しいのに交換しました。PC快調です。当社PCはすべて専務の自作。一式購入するとえらい金額がかさみますが、自作すると安価に抑えられますよ。突然動かなくなったり等トラブルの対応も可能。だいたい中を開けてみればわかるそうです。近隣でしたら出張修理も承っております。
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 20:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

2018年06月30日ウェイト版&マルセイユ版 講座後記

 ブログの文字サイズのデフォルトが11ptになっており、毎回全文のフォント数を上げてからアップしているのですが、昨夜は睡魔と闘いながらの記事アップの中で至らないこと多々、何かとご不便をお掛け致します。

それにしても熊谷で観測史上最高気温が記録されたとか。
ナディア・オフィス内は現在34.7度ですが、日中は別室の授業に出ていてわかりませんが、ここは36度以上にはなっていたかと。それでもまあ熊谷の観測所に比べたらまだまだ耐えられます。
こんな猛暑極まる日に、レッスン・鑑定にお越し頂き、大変ありがたく、また貴重な学びの機会を頂けることにも、頭が下がる思いです。
ハスがねーまだ開花しなくて。せっかくいらして頂いても今特に見ごろのものがなく恐縮です。

さて、6/30土曜日開催しました日本タロット占術振興会の講座後記、
PDFファイル9ページにまとめることができました。会員ページよりログインしてご一読下さい。





ダイジェスト版6、7ページあたりでいかがでしょうか?一部をここに公開。
★ご相談者の仮名Bさんが、今の会社を辞めようか悩んでいるという設定で、F結論をふまえた、Cアドバイスを導き出してみて下さい。

「ウェイト版大アルカナ22枚での展開」

image20180625.jpg
           ↓
この展開は結構二分するタイプですね、伸るか反るかのアドバイス。

ご相談者・Bさんの中で「辞職」について色々な思い、道筋がある状態でお悩みになるわけで、道が異なれば条件も異なるという状態。条件次第で辞職するかしないかが決まるわけですね。「辞職を考える原因になっていること=いじめや契約の問題があり、それが解消するなら今は辞職はしない」とか、「その後の転職活動がスムーズなら今すっぱり辞めてしまおう」など。



鑑定のコツとして、細かい成り行きや条件についてカードを繰り出し云々するのもひとつなのですが、「辞めるか否か」すなわち伸るか反るか、二つにひとつの大きな指針をまず導き出して差し上げることができる、これもひとつ占術の得意技、効能で、使わない手はないでしょう。

※ただ相談者が細かい成り行きや条件について云々したい場合もありますから、そういう時はそこに時間を割いてやりとりするのが筋ですね。今日なども「話」だけで30分以上にもなりました。こちらが間に入って止めながらですから、ただうんうんと聞いていたら・・あっという間に1時間経過ということにもなるでしょう。


対象的に、極端な場合は相談内容なんて、ご自身のお悩みや置かれている状況についてのご説明など一切なく、「ちょっと今抱えている案件なんだけど、伸るか反るかだけ見て」という依頼だってあるものです。

ペンタグラムやヘキサグラム展開法では曼荼羅として見る図形と中央の札=最終札とアドバイスカードの2枚だけ読む というのも手。


今回もやはりある程度タロットの読み解き解釈に慣れているご参加者、一様に「辞める必要はないのでは?」に傾いておりました。


ただ、もう一度「ウェイト版大アルカナ22枚での展開図B」を振り返ってみて下さい。



たとえば「法王」→「正義」逆位置ではハラスメントが法的問題へと大きくなる可能性なども読み解かれるシーンがあり、「そこまで問題が大きくなるならむしろ辞めないと危険なのでは?」と司会者から突っ込みが入る場面も。



すると「もっと具体的な相談者の思いや背景がわからないと、解釈を絞り込めない」というおことば。だって今回のケースでは、たとえば30代の相談者が男性か女性かも明記されていない!! わけで、ごもっともでもあるご意見です。



ただ授業の中ではせっかく「タロット」のメッセージを読み解き、伝える練習をしているわけです。相談者は「その展開を見てあなたはどう思いますか?」と聞いてきているわけではないのです。「タロットを解釈して」と言ってきているのですから、「あなたの思い」は置きざりにしましょう。ここは重要です。置き去りにするための道具でもあるタロットなのです。

タロット解釈とは、タロットの翻訳作業でもあります。視覚的言語を相談者に合わせてわかりやすく翻訳・通訳する。
そもそも解釈の仕方は人それぞれです。こういった講座、読み解きレッスン自体、ご不要の方もいらっしゃるでしょうし、それはそれでよろしいことだと思います。

いっしょに学びたいと思っていただける方は、ぜひともPDFファイルをご一読の上、御意見ご感想お寄せ下さい。そのやりとりこそが生きた学びだと、おっしゃって下さった方もおられます。
(青字はPDFファイルにはない文言です)


posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 22:30| 埼玉 ☔| Comment(2) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

被災者の皆様、お客様、会員の皆様、心からお見舞い申し上げます。

西日本豪雨の被災等、猛暑の中ただならぬご苦労がおありかと存じます。

被災者の皆様、お客様、会員の皆様、心からお見舞い申し上げます。

現地においては少しずつでも確かな復興と、離れたところでもがんばっている皆々様の心と身体と精神の健康を、祈念させていただいております。

執筆や鑑定という仕事の中で、ことばにある特別な力というものをずっと痛感させられてきており、時に相談者にとっては自分のことばなどよりもずっと、歌や小説や映画やドラマの中でひびく詞、台詞のほうが何倍もパワフルだろうと、雄弁な癒し手になるだろうと感じることがよくあり、しばしばですがその方におすすめの音楽を紹介したりなども。

ここにブログをご来訪頂いている皆様に、My little lover『Hello,Again〜昔からある場所〜』を送ります。

少年の心の成長を歌った楽曲だそうですが、有名なヒット曲ですね。当時のわたしは闘病生活中でこの曲を楽しんでいた記憶もありませんが、ああいい曲だなくらいには思っていたかと。すっかり色あせたかなという頃にJUJUさんがカバーしていた、そちらのほうをふと耳にする機会があり、なぜか2番の歌詞を聴いた時に泣けてきました。





♪ 自分の限界を知るために僕は生きているわけじゃない

 この手のばして空に進み、風を受けて生きていこう

 どこかでまためぐるよ 遠い昔からある場所

 夜の間でさえ季節は変わっている



渦中にいると、解らないものです。でも本当に時は刻々と刻まれていて、すべてが変化し続けているのです。

苦しい時、辛い時、その痛みをもたらす要因に思われているものも、ずっとそこに居てあなたを苦しめ続けるということはない。

11秒を大切に生きたくなる、生きる力をもらえる、そんな曲です。


生きていると、それを止めてしまいたくなるほど、辛い時が誰にもあるものです。


そういう時は今日明日をとにかく生きましょう。死の誘惑は、心のスキをねらってきます。隙を作ると雪だるま式なのね。スイッチを入れ、目の前のひとつ、やらねばならいことだけをしっかりこなしましょう。


生きる喜びというものを体感できるのとは裏腹な強烈な死への思い。

感性、感受性のたまものだし、山あり谷あり劇的人生の象徴です。

平々凡々の人生には皆無でしょう。

たとえばこういう素晴らしい人の心を打つ作品を創るアーティストなんてしょっちゅう生と死の間を漂っていると思いますよ。

自殺願望、わるいものじゃない。人生で瀕死の思いで悩み、苦しんだ人にしかできないことがある。だから生きましょう。兎に角、今日明日を!


続きを読む というリンクが入ってしまいますが、続きはありません。

続きを読む
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 00:08| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

7-8月の12星座&ハーバル・タロット☆彡

月刊ステラ・マガジン「星のカフェテラス」を更新しました。よろしければご一読の程☆彡

*2018年7-8月は購読会員全プレ無料鑑定受付中*

当方スキルアップのためのモニター企画を開催させていただきたく、

ふるってご参加の程、お待ちしております☆彡

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 07:30| 埼玉 ☔| Comment(0) | 月刊ステラ・マガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする