2008年08月04日

8月の無料相談

t.k.さん(37才、男性)からのご相談
「今後の歩む道を教えて下さい。恋人との出会い、金銭の不調、仕事への取り組みの不安、あまりに大きなことで何を相談すれば、これらの不安・心配が良く感じられるのか、良い方向に向かうのか、アドバイスをお願いいたします。」


ナディアからの回答)大変お待たせを致しました。現状は、確かに身も心も限界を感じるような苦境におちいっている札が出ていますね、混乱があと少し続く様子も伺えますが、、大丈夫、t.k.さんの札は「正義」。環境的な後押しもあるようですし、冷静、客観的な視点と選択で、この波を乗り越えてゆけることでしょう。

周囲もt.k.さんを温かく包容力を持って見守っている様子、、もし出会いがあったとしたら、その方はt.k.さんの仕事や社会的な立場に関わらず、寄り添って愛を注いでくれるということが伺えます。こんな波乱の中でこそ、生涯の伴侶と気持ちをひとつにしてゆけるのかもしれませんね。

さて、「正義」は、天秤を持った女神が描かれている札ですから、ここでしっかり天秤を使うことが大事かと思われます。ご相談の文面は、だいぶ慌てられている様子ですね。不安が大きすぎてご自身も漠然としたお悩みを処理しきれないと言った感じですが、まずその不安を整理すること、何のどんなことが不安なのか?何に迷っているのか?それについてのメリットとデメリットはどうなのか?文書にして書き出してみると、状況がよく整理できておすすめです。

また、天秤は左右二つの皿に乗ったものを比較する道具ですが、、ここも盲点です。t.k.さんは、どっちに行けばいいか?乗るか反るか?YESかNOか?の二者択一をしたがっている可能性もあります。しかし、人生は二者択一の選択で決まるものではありません。折衷案を採用することもあれば、グレーゾーンのまま行くこともあるのです。Aの道か、Bの道か?という人生の方向性を天秤にかけるのではなく、ここは、あなたにとってベストと判断できる方針を採用することを心がけて下さい。

そうなってくると、まずt.k.さんは、t.k.さんご自身のことを、よく知る必要が出てきます。何を目指していて、何が必要な人なのか?やりたいことは色々あるでしょうが、誰にだってできることとできないことがあるもの。

そう、天秤を使うということは、今回は、あくまでもあなた自身を測り、査定し、判断をする道具として使うことが重要になってくるのです。その客観的な判断から、アドバイス札には「運命の輪」が出ていますから、車輪を回して、前進していけるところはどんどん進んでいくことが大切です。立ち止まったり後ろを振り返る時間はもったいないと考えて。今はそういう波の時期だと、タロットは告げていますよ。

大切なことなのですが、占術とは、今どのような波の渦中にあるのか?を判断する道具でもあるのです。人生には、時に立ち止まり期を熟すタイミングを待つ必要がある波もあります。過去を振り返って自分を省みるべき波もあります。

タロットの出目によれば、t.k.さんにとって今期は冒険を押す出目ではありませんが、前進の波です。ただし、あなたに見合った現実的な着実な前進です。そうとなれば、自ずと選択肢も狭まってきませんか?

できることを粛々と行うことが大切です。こんな混乱期に、恋人ができてしまって、なんて途方に暮れないで下さいね。「正義」が出ているあなたには十分ハンドリング可能でしょう。二人とも愛があって結婚を望むのなら、入籍だけするとかね、ムリのない形でご夫婦としての生活の一歩を踏み出してもいいと思いますよ。

「正義」は、そういう分別が大切。ひとりで悩むのではなく、相談できる人とは話し合って、ひとつひとつ具体的な答えを出していって下さい☆


タロットの展開はこちら
20080804.PDF


タロットレメディ相談申込は、
ezweb「ナディアのタロットレメディ」からお申し込み下さい☆

tarot_ad.png
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | タロットレメディ〜無料相談〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104154434
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック