2008年10月05日

10月の無料相談その1

Sさん(サロン経営 34才 女性)からのご相談

ショップサイトのSEO対策について。自営の店舗へ誘導して、集客率を高めるために、本格的にSEO対策をはじめようと思います。依頼先を二社二絞り込んで検討しておりますが、一長一短で迷っています。どちらがよいのか、または、別の選択肢があるのでしょうか?


こんにちは、ナディアです。お待たせを致しました。ウェイト版大アルカナ22枚による展開はこちらです。

そうですね、まずちょっと現状を出せていただくと、確かに今ショップサイト自体パッとしない様子ですが、「星」のアルカナが出ていますからね、やり方次第というところで、ショップサイト自体に根本的な問題があるわけではなさそう。
ただ、今後の札には「正義」の逆位置。金銭やビジネスに関してはちょっと不安な札ですから、ここは慎重に行きましょう。

キーカードは「女教皇」。まさに冷静沈着に、、!です。お金を掛けたり、SEOのような綿密な技術を提供してもらうことで解決しよう、とは解釈できない雰囲気です。Sさん自身、何か心当たりがあるかもしれませんね。

だって、Sさんご自身の札には「悪魔」。。うーん、、もしかしたら、お客さんを呼ぶには?というところで、根本的な努力を見失っているのかも。アクセス数を上げれば何とかなるものだというのは、一種幻想で、そこにお金をかければ全てうまくいくような思い込みにはまっていないでしょうか?欲目もあるのかもしれません。

先の「正義」と合わせて解釈すると、投じたお金に見合った成果が得られない、ということにもなりかねません。
私自身、SEOのことはある程度勉強しましたが、確かにそういう現実の話は多いのです。


検索エンジンの結果で、1ページ目の上位に表示されるようにするには、まずSEOの技術者にも相当な作業が必要ですし、換算すると金額的にはかさみますよね。

集客されるお客さんの立場と見立てられる、Sさんの環境の札を見ると「節制」ですね。癒やし、調整というキーワードを持つ節制です。この辺の出目としては、業種がサロン系ということで、この辺のお客さんを獲得していくことができれば、と思うところです。ただ、見方によっては、もう長く「癒やし」ブームが続いているとも言えるでしょうか、セルフケア的な知識や情報が豊富な世の中になって、あえてプロフェッショナルを必要としない傾向も伺えますから、これまでの客層ですとか、来店率を伺ってみたいところですね。

結論として、「太陽」。Sさんのショップサイト、サロンは活力満点。オーナーさんとしては自信も出てくるようですから、今は「星」のアルカナを正位置にもどすべく、「女教皇」のパワーを発揮していただくことが先決なようです。「太陽」は、少々自己満足の感がありますが、ワンマン経営でも、自分のポリシーであるとか、やり方を通すという喜びがあるはず。Sさんのオリジナリティ、Sさんにしかないという個性を大切にして下さい。そして、イメージ的に「悪魔」っぽくなるのは避けること。クリーンで、良心的なイメージを前面に出しましょう。以上ですが、お役に立てて頂ければ幸です☆


タロットの展開図20081005-1.PDF
*ご質問がある際には、講座などで承ります。プリントアウトしてお持ち下さい。

タロットレメディ相談申込は、ezweb携帯サイト
「ナディアのタロットレメディ」からお申し込み下さい☆ 携帯サイトでは、毎月2名の方にお応えさせていただいております。

tarot_ad.png
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 14:06| Comment(1) | TrackBack(0) | タロットレメディ〜無料相談〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鑑定、どうもありがとうございました(^-^)

メールの字数制限上、私の現状についての説明が中途半端になってしまい、私自身の心境についてなどで誤解を招いてしまったかも知れません。。。解りにくい文章で、大変申し訳ありませんでした。

実は、その後SEO関係の人たちと空気が大変気まずいものになってしまいまして…。いったん、話を取り下げました。

根本的な努力を見失っている、、というアドヴァイス、肝に銘じておきます!誠意ある鑑定に、感謝致します。

本当に、有り難う御座いました。

Posted by S at 2008年10月15日 23:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107629428
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック