2010年02月27日

ウェイト版の実写版タロット

タロットマスターズワールドで、会員の方のタロット・コレクションを紹介させていただいております。
今月のタロットマスター・コーナーをご覧になってみて下さいね。
私自身もこのデッキの存在を今回初めて知るに至りましたが、アルカナ15「悪魔」の画像はちょっと前に海外のサイトで観たことがあるんですよ。

※日本タロット結社新規ご入会の手続きには、現在2、3週間お時間を頂いております。よろしくお願い申し上げます。


ところで、タロットとか占術を何のために、みなさんはされているでしょうかね?
毎日の生活の中で壁にぶつり、立ち止まってしまうことがあるものです。
なんでこんな壁に、自分がぶつからなきゃならないのか、と言った辛い感情を多くの人が抱えて鑑定にいらっしゃったりもするものです。辛い感情をひた隠しにして教室にも足を運んで下さっているかと思います。
だけど、やっぱり辛いのは自分だけではないということを、常に思い起こす必要があるかと。
病気とか両親や子どもがいないとか、お金の問題、仕事の問題、
自分がなぜ、どうして、って、そこからまあ占術への興味などがわくいわば原点なのかもしれませんね。自分がどうしてっていうひとつのハードルが、分岐点なのかもしれない。
それを乗り越えて、自分もみんなとおんなじただのひとつ星なんだと、思えるか否か。
病気じゃなくたって、家族がちゃんとそろっていたって、お金持ちだって、みんなそれぞれに某かハンディがある。

立ちはだかる壁を、ただ取り去るだけが方法じゃなく、
壁その物のとらえ方、見方、向き合い方、そういう事柄をコト細かく図像でもって教えてくれるのがタロットでもあるはずです。
自分のハンディをハンディじゃなくする方法を、教えてくれるのが占術なんではないでしょうかね。そういうカンジンなところで、タロットをどうして役に立ててもらいたいなと、切に願っています。
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット結社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック