2015年11月13日

ハンドメイド・タロットBOX講習会☆その1「タロットボックスの顔」

今回は最も作りやすい「アンティーク風」タロットBOXでいきましょう。
一番手っ取り早いのは、先回も申した通り、すでにお手持ちの持ちお箱をご用意頂くこと。
タロットがおさまるサイズというのが原則ですね、
nicoletta02.jpg
手芸店などで白木の箱が1000〜2000円でも売られていますし、
プラスチック、陶製、紙製でも何でも構いません。
これというお箱がない場合は、当日こちらでご用意したものをご使用下さい。

それから箱の絵柄にしたいタロットの柄をお決め下さい=あなたの「タロットボックスの顔」は?
決まりましたら、そのお好きなタロットの柄、あなたの一枚を、事前にメール添付で事務局宛てにご提出下さい。
もしくはこちらに大抵のタロットはございますので、タロットの名称と絵札の名称だけ教えて頂くだけでも構いません。
ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

アンティーク風に仕上げると木版画のタロットや中世のヴィスコンティ版などがピッタリ☆彡 marseillews01.jpgnicoletta01.jpg
百均のアクリル絵の具「金」がくすんだ感じで右上も一種アンティーク風?

それでは、10:30集合です。また続報お届して参りますので、お楽しみに!!


posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 17:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | タロットアートワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429538646
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック