2016年03月28日

2016年3月19日研究会後記


タロットマジック講習会後記


主催者+参加者2名 計3名で開催

11時を少し回ったところで集合。オフィス到着〜ことの経緯をお伝えし、本題に入ったのは11時半近く。


参考文献を紹介。考古学で取り上げられる古代エジプト社会の魔術、魔術=特別なことではなく、自然を崇拝しその力を借りようとしてきただけのことという側面、古今東西の宗教でもあり、現代人にとってはやや特殊な精神世界の分野のことでもあり、現実にはそれを妄信し悪用した人間による痛ましい事件も生み出している側面もあるもの。小一時間程度の会なので駆け足のようにパラパラと書籍をめくっていたが、なかなか興味深い書籍の、またしばしばグロい中身に皆さん刺激を受けられた模様。



さて、「願いを叶えたい」と思ってしまうのが人の常。そんな私たちに効果的な「祈願の仕方」についてから。それと連動して、人の不幸を願うことについて。そしてまた、実力以上のことを成し遂げたい人間がいるのに対して、やはりそれを願わない=それでは困るという当たり前の人間は当然存在しているわけで・・・ねえ、あなただっていきなり組むことになった相手がてんで仕事ができない人だったら?



ブログの前記に関連して、好きになった男性にはすでに付き合っている彼女がいた・・・というケースで、「彼が恋人と別れて、私の元に来ますように」とやる人がいるのですが、彼が恋人と別れたら、なぜあなたの元に来ることになるのですか?と問いたくなりますね・・・とんちんかん身勝手なストーリー構成。いや結構タロットでも初学者の方ではやっぱり占的の立て方がどうもとんちんかんになりがちなので、ある程度スイッチ入れる必要があるところなのかなと。



さてさてそもそも「別れ」を望む以上、望んだ人のところに「別れ」はやってきます。こんにちは!って気が付いたらしっかり別れ体質になっているのです。望みは何なのか?しっかり見極める必要があるということです。



12時を回って、小一時間程度の会なのでさっそく、人生をリセットするオリジナルの魔術を実践してみよう。まずはとっかかりとして軽くてやりやすいものを。

本格的にやるには、何であれ自分の手で作り上げたものを使うのが何よりだとされている。棒であれ杯であれ、できる限りハンドメイド推奨。ハーブなんかは自分で種から育てたものならこの上ない成果を体験できると言われている。手づくりは難しい羊皮紙なんかでも、わざわざ調べて取り寄せたりする手間ひまが差をつける。その辺のコピー用紙で済ませてしまうのとは、結果は変わってくるでしょう。



ことと次第によって曜日や時間を選び、1週間祈りを続けることの原理にも触れましたが、つまりはその人がそれまでやったこともないことを実践したり達成させるという、そういう小さな積み重ねから当の願望を実現させるほどに自分を大きくしていこうという点が重要だという話。



この日はご参加者のお二人に、「願いを叶えるマジカル・ボックス」を紹介した。お一人にはそのアレンジで、素焼きの鉢を使ったローズマリーのハーバル・マジックを実践していただく。

参考サイト

https://www.livealifeyoulove.com/magical-box-manifestation/


参考サイトでも語られていることが、主催者と同様のスタンスを示している。『「魔法」という言葉を使用する必要はなく、「意識的な創造」について考えればよい。が、しかしこれは確かに「魔術」であり、ひとつ求めるものを引き寄せるテクニックなのです』と。



箱は、参考サイトでは、自分の潜在意識の「井戸」とも表現されている。そこに自分のはイヤーセルフを置き、7日間の儀式の後に、手元に置き特別な時に取り出し、願いを託すことを推奨しています。

主催者は、葬り去りたい自分を入れて、燃やす、川に流すのもよいし、ある時期まで埋めて保管するというのもひとつだと。




会の当日は公開できませんでしたが、これらは今日までに主催者とご相談者とで折に触れて作成してきたマジカル・ボックス。「葬り去りたいこと」を入れるために作った箱と、タロットレメディにて切り札として引いたアルカナ、「星」「世界」の絵柄で彩ったボックス。

tarotmagicbox.JPG


小一時間の会の後、参加者の皆さんはどんな箱を作り、どんな成果を達成するでしょうか・・・誰にもまだわかりません。未来はクリエイトされています、今現在も徐々に徐々に、変容し続けているのです。創造を止めたら、あきらめたらそこまで。まずはどんなに小さくても、創造の積み重ねを! 


こじんまりした会でしたが、主催者は皆で確認しながら進められるアットホームな会が好きです。午後は遠方よりお越し頂いた方と合流し、しばし歓談の時間を。こうして日々皆様から学びと元気を頂けることに、改めて深く感謝する会にもさせて頂き、昼食後お開きとさせて頂きました。


 次回講習会は、6月第三土曜日の予定です。

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 18:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック