2016年08月04日

Ceccoli Tarot訳文終了


タロットアートヒストリーNO.12NICOLETTA

Ceccoli Tarot訳文終了。間もなく発送です


時間頂いてしまいましたが、どうにかです。あと少々の編集作業を経てお届けへと。

なかなか予想通りユニークなタロットでしたが、絵柄と解説文を読み合わせていると、やっぱりウェイト版を下地にしたものだということが伝わってきます。


訳文作成中に印象的だったアルカナのダイジェストを下記に。

ここでのアルカナ[とⅪ

NicolettaCeccoli08wl.jpg


トランプ・タワーに乗りつつ微動だにしない不動性をかいまみるアルカナ[。


聖なるゲオルギウスをモティーフとしたであろうアルカナ]T

 NicolettaCeccoli11wl.jpg

やがて裁きの大天使ミカエルへと転じていくこの絵柄です。

 St_George.jpg


なのですが、解説文は「[Justice.」「Strength.」になっていて、あれ??と立ち止まりましたが、まあ原文をまま訳して読んでみましょう。


[Justice.注意し、道徳的な公平性を保つこと。すべてのアクションが連続しています

Strength.長い目でみれば、よき意志は必ず悪徳に打ち勝ちます。あなたはよくよく戦っている。本能に忠実であれ。 



・・・絵札と対応させると、やはり解説文のタイトルは誤植ですね。

そもそも、本デッキのアルカナに一切のタイトルがありません。

大アルカナはまずは絵柄とローマ数字から推察できるウェイト版の解釈が大いに助けになるということなのです。もう少し読んでみましょう。



\The Hermit.

NicolettaCeccoli09ws.jpg

しばし静かに、外界のあらゆる影響をシャットアウトして。孤独に引きこもることで、あなたの道がより鮮明に見えるはず。



]The Wheel.

NicolettaCeccoli10.jpg

私たちは皆無慈悲な運命の内にいる。宿命に抵抗してわるあがきしないで。時間が過ぎ、状況は一転するから。 


ceccoli-tarot-12130.jpg

]WTemperance.

現実世界とスピリチュアルとの融点をあなた自身の中に見つけて。あなたがこの世の物質に縛られているのは、あなたが選んだことなのです。

 ウェイト版の14番の一つの解釈「異化作用」を知らないと難解かも、ですね。


人物札にもタイトルがないが、それ以上にKINGKNIGHTさえもが「少女」として描かれている点が不可解ながらも、ああこれがまさしく「象徴絵図」なのだという立ち返りに。なんだかんだで自分の頭の中に相当な偏見と思い込みの塊があることに気づかされます。「こうあるべき、こうでなければならない」といった固定観念こそが、その人の人生の障害になりうるもの、です。




王冠のマークがついているものがKING。すべてのKINGが頭でっかちな少女の顔面像。生クリームや濃厚なケーキ、たとえばストロベリー・ファッジ・サンデーなどはセクシュアリティのシンボルでもあります。





NicolettaCeccoliKingofDS02wl.jpg


King of Cups:感情を操作できる人。物事をおさめるため、どのように人間関係を使うべきかを知っている。


King of Swords:行動する前に徹底的に計画を立て策略を練る人。どんな状況においても明るい精神を発揮する。



QUEENもまた別の王冠マークで見分けねばなりません。

NicolettaCeccoliQueenofWml.jpgNicolettaCeccoliQueenofPws.jpg



Queen of Wands:美とカリスマで人を魅了する人。自信過剰で軽々しくごう慢なことも。 

Queen of Disks:人生におけるあらゆる豊かさと甘美なものを与える人。寛容なる母親的な富の源泉。 



そう、絵柄で表現された「タロット」に「文字」が登場した時点で本末転倒的なところがあるとは、よく授業でお話ししています。文字や文書は絵柄をとらえるためのサポート材料であるはずなのに、これがまたかえって理解や解釈の壁になるようでは本末転倒だということです。


よってこういうスタイルのタロットもなかなかおつなものです。ウェイト版の授業でも「自分なりのタイトルをつけよう」を筆者は提唱しているのです。名付けるという行為はそのものを解し手中に置くというとても重要な象徴行為でしょう。


現在欠品中ですが、8月下旬には入荷します☆彡



posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 05:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック