2017年06月18日

勉強会ハイライト

10:00〜 PART1:そもそもの占いとタロットの基本事項、日本タロット占術振興会としての取り組み、仕事としての占術鑑定について

imagep1.jpg


日本タロット占術振興会の成り立ち、主催者が占術にまつわる仕事をするようになった経緯、
師との出会いやその教え等webページでお伝えできていない詳細まで、ご理解頂けたかと存じます。

霊感占い、スピリチュアルカウンセラー、一般の身の上相談、心理カウンセリング→各分野にそれぞれの役割があって、それぞれがしっかり社会で役立てて頂く事が大切だと思います。

占い・・私たち以上に、世間一般の皆様にはまだまだご理解頂けていない大きな分野です。
スライドでもご紹介したように、卜術、占いの起源や伝統は文化の起源でもあり、非常に深いところがあります。が、だからこそ調査、情報発信、普及活動に専心している井上とその仲間たちでもあるのです。

でも一般の方はそんなことわかりません。「占い」でひとくくりです。

いきなり手を出されて、私の運気どうですかと聞かれたところで、占い師だって解らない人には解らない。まして霊感を求められた日には。。


だからこそ、きちんとご説明し、適切に働けるよう、こちらが相談者を導くことでは?


お客様は、何もわからないからお客様なのでしょう。

あなたも客として、誤解から、間違って商品選んでしまって、後から「え、こんなものだったの?」思った経験、一度や二度はないでしょうか?

売り手には商品説明を正しくする義務がある。

商品=モノだけではありません、自分ができる仕事 サービスも然りです。

サービスを提供する以上、最低限のお客様意識があって、ビジネスの世界に足を踏み入れられる気がします。

(中途半端がこれまたやっかいですが・・)


お客様は神様です・・ 故日本の演歌歌手三波春夫氏のHPで学ばれて下さい。


10:30〜 PART2:ウェイト版とマルセイユ版とアリス・タロット等のアート系タロット、絵柄を使い分ける意義
imagep2a.jpg
imagep2b.jpg
imagep2c.jpg
imagep2d.jpg

11:00〜 PART3:大アルカナと小アルカナの使い分け チェシャ猫さんのケース他
imagep3.jpg

11:30〜 PART4:占い師のお仕事その1 電話占いについて
時間におされて短いディスカッションとなってしまいました。
現職の占い師さんの実体験や本音等懇親会でも花が咲きました。
IMG_20170617_140622.jpg

というわけで、今後とも日本タロット占術振興会では、占術一般の普及、
タロットについてはヴィスコンティ版、ウェイト版、マルセイユ版、アート系タロットの普及活動に努めつつ今後とも力を注いて参ります所存です。

未消化な部分はPDF+解説文書でアップロード予定です。
また全編のハイライト動画一部を会員ページにて配信準備中です。
少々お時間を頂きそうですので、次回の研究会日程等も9月以降でご準備頂ければありがたく存じます。

ハーブ園芸、芳香療法など仕事の枝葉が広がっており、それぞれのブログやネットサイトがあったほうがわかりやすいかとは思いますが、何分井上一名で対応しておりますので大きな発信源はこのオフィスブログで統一させて頂きたく、
園芸作業等で外出も多く、メールやお電話の折り返しにお時間を頂くこともございますが、
ご理解賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

当日も体調優れず、何かとご迷惑をお掛け致しました。
が、また次に進めることができますこと、ありがたく、ご参加者の皆様、また本ブログを楽しみにして下さっております皆々様に、心より御礼申し上げます。
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 09:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック