2018年01月23日

今日は無料相談日!

うっかりしている内に、、というか大雪騒動、まだ余波の続く本日、皆様ご無事かとは存じますが、わたし自身も危ない目に数回遭ってもうこうして文字入力ができることの幸せを実感しております。最寄り駅まで、昨夜と今朝生まれて初めての奥深い田舎道の凍結道路での走行でしたので、、免許取得以来、こんな大雪がなかったので。


もちろんスタッドレスですけど、滑る滑る。30km前後でひたすら緊張でした。いや帰って来られるか本当に心配でした。で、すぐに雪かき。朝の部は30分程度で終了。



今年は水曜日が易道学校の授業になったので、前日の火曜日は資料作り等事前準備でなかなか外作業はできませんので、PC作業方々火曜日に無料相談日を設けることになろうかと。本日もHP作成等溜まっている案件をこなしつつ、13時まで待機しております。


無料相談の主旨、ナディア・オフィスの電話相談についてはこちらに



そうそう、例の御神木について、常陸國總社宮社務所よりご丁寧にご返信を頂いております。「火事で焼け焦げてしまった御神木に、果たしてパワーがあるのか?」そんなご質問を頂いておりましたので、早速メールで問い合わせさせて頂いた次第です。

メールと言えども書簡でございます。勝手にコピペで全文を公開するわけにはまいりませんので、ひとつわたくしことばでお伝えするといたしましょう。



そもそも神社界において御神木というのは、

「神様の依代(よりしろ)の一つ」だそうなのです。



依代(よりしろ)とは、実態のない「神」がこの世に姿を現すために乗り移るものを指し、依り代は、巨木以外にも岩や石、池などもありますよね、様々な形をとっているわけなのですね。
依代のなかでも木は、神社ができた後に、人の手によって、新しくその場に作り出すことができたため、「御神木」が全国各地に普及したそうです。確かに、大きな岩や池などでは持ち込めないですよね。一文をママ掲載させて頂ければこのようなお言葉もいただきました。


依代のなかでも木だけが「御神木」として取り上げられるのは、岩などと違い、神社ができた後からでも人の手でその場に作り出すことができ全国各地に普及したこと、依代のなかでも唯一の生物であり、限りある寿命や大きさの中からとりわけ優れたものに神威を感じやすいためだと思われます。
 
これはもう、タロットを通じて生命の樹、西洋東洋問わず古代より伝わる樹木信仰に触れているわたしたちには、大変共感のできることばでございますね。


そうして本題。

「当宮の御神木は火事で一部焼失してはおりますが幹の周囲から次第に蘇生し今でも強
い生命力を保っており「御神木」として神の宿り木の役割を果たし続けております。」


ね!やはりブラック・ジャックパワー。

手塚治虫さんの通称ブラック・ジャック、本名間黒男は、幼い時にテロリストの爆破事件に巻き込まれて両親を失い、自身も全身バラバラになるほどの大けがを負っているのですね。だから全身縫合の跡だらけ、顔の一部に黒人の皮膚を移植したため、あのような。お顔を知らない方がいるとは思わんが、画像は検索してみ。

その時の天才外科医が山田の博士だっけ。

過酷なリハビリを経て立ち直り、医者として復活した、まさに蘇生の象徴ブラック・ジャック。


一番印象に残っているのが、ブラック・ジャックが自分で自分の腹部を切開してそれを鏡を見ながら手術した件。あと自動車事故で車体の下にはさまって動けなくなってしまった少年の手足を「解体」して救出、あとで「つなぎ合わせる」という発想がね。実際にそこまでして人命救助をかって出る医者など存在しないでしょうに。


あらゆる回でもう神業炸裂なんだけれども、手塚治虫が医者だっただけに、まったくファンシーがなく。描ける彼もまた神ですかね。

ドラマでも天才外科医大門なんちゃら流行っている、いた?みたいだけど、スケールが違うわ。


でもって、常陸國總社宮がヤマトタケルとも、手塚治虫氏のご先祖様にもゆかりがあるという、これこそセレンディピティですね。


でもブラック・ジャックも、恩師の山田の先生の命を救えず落ち込むのだけど、先生の魂が「人が命を自由にするなど、そもそもおこがましいとは思わないか?」みたいに語りかけてくるんですよねー。小学生の頃はふーんという感じでしたが、今はなぜかグサッとくるシーン。

689x765x3fc8e9c89ed782507247c1c4.jpg

ブラック・ジャックは医師免許なしのモグリだし、救えない時もあるし、Dr.キリコという安楽死の神も登場する。何てたって、ブラックですブラック。上っ面の医療ものじゃない、生きることについての本質をついた作品。


そこに愚者的ナビゲーターのピノコがあって、やっぱりタロットの根底に流れているものとも相当符号しますでしょ。

私も仕事であれ何であれ、常に本質に問いかけていきたいんですよね。

まあみんながみんなグレーっちゃグレーでしょう。井上でした。

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 09:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。