2018年02月09日

タロットの二者択一には要注意

そもそもタロットは、YESNOかを判断するための、すなわち二者択一のための道具ではないのです。YESNOかを表すものなら、二色の絵札、二パターンの絵札で事足りますね。


一方で、タロットにはこれだけ色も形も豊かに表現されているではありませんか。YES/NO以上の内容を伝えて出る絵札であり、また当事者にとっては2つしかないと思われがちな選択肢の幅を広げ、明日への一歩を彩り豊かに伝えてくれる絵札、それがタロットというものなのです。



前回の勉強会で取り上げたケースが下記です。

井上の愛車をボコった件。

ハンドル操作を誤り激突。エンジンに影響が出てまっすぐ走れない。その部分の修理代+外装合わせたら50万円越え。我が家で今その大金が出ていくのは非常に辛い。

いっそ中古車を買ったほうが早いか・・が、中古車には完全に当たり外れがある。

まずいものをつかまされたら50万以上の出費にも。

ともあれ、一番近いコンビニが2km先、駅まで5km、ハーブの出荷もあるし車の足は欠かせない。


急ぎ修理に出してしまうか中古車購入か? という二者択一を問いたいという案件でしたが、


タロットで問うなら、質問の立て方と読み解きに注意が必要 そいういう話でしたね。


3/11勉強会、この辺の復習からいきたい方がいらっしゃれば、もちろんお任せを! まずはお問合せ・お申込み下さい。



上記、一枚引きで引いた切り札が

LoveL'AmoureuxL'Amore

左が復刻版、右がフランス国立図書館の原版

image20180208noblet06.jpg


image20180208dodal06.jpg



こちらもまあ、うだうだ蘊蓄の世界に入り込みたいわけではなく。


弊社にも日々、真剣にご相談に来られる方が多々いらっしゃいますので。

多いのはやはり、お仕事、お金、健康の順でしょうか、様々にご相談下さいます。


現実生活にお役立て頂ける がうちのモットーですので、宜しくお願い致しますね。


今回原版と並べて画像を出してみたのは、1650年頃のノブレ版と1700年代に入ってからのドダル版では結構タイトル表記に差異が見られる件で。

ノブレ版のほうは古語ということになるでしょうが、半世紀経て、表記に変化が出るのも然りです。


だから書籍の中では、フランス語と言っても、どの時点のタロットのタイトルを記述すべき?

とか、そんなことをずっと考えてしまったから思い切って整理してみました。


imageMarseilles.jpg

image20180208dodal2.jpg


おお、ドダル版の頃はまだ「死神」タイトル確定しておらなんだのね。などなど。

うん、迷った時には一枚引きですな、いやいや一度整理ですな。



井上でした。いやわたしも大変です、ごめんなさい、お仕事の面であまり皆さんのお力になれず。。もうここが正念場と、しのいでいくしかないでしょう。がんばりましょう☆彡
なぜかこの「続きを読む」が入ってしまいますね。
不明なタグは削除してみたのですが、、
続きは特にありません。


posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 18:30| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。