2019年03月24日

タロット&西洋占星術 研究会のお知らせ

  • 4月10日水曜日 17:30開場 18:00〜21:00
  • 場所:駒込文化創造会館第4会議室
  • 参加費:会員4000円、一般5400円
  • テーマ「タロットと西洋占星術」

Part1 タロットと西洋占星術の対応・照応表

Part2 シンボリズムの習得法Making Light Work

Part3 実践鑑定の中での二術の併用


* マルセイユ版をざっくり一巡して22枚のアルカナが表す概要をつかんだところで、いよいよ実践鑑定の場では一枚引きとそこにさらに1枚、もしくは2枚を加えて占断する展開法へ。

* タロットと西洋占星術の照応表からいくのか、その前からか後からは、参加者の方に合わせましょう。会の内容詳細・資料作りにはげみますので、お申込みは4/2火曜日までとさせて下さい。


タロットと西洋占星術って関係あるんですか?

と、年に3、4回は聞かれる気がしておりますが、まあどちらもシンボルを介してうんちくが繰り広げられるものですから、共通項も関連事項も膨大ではあります。

また占術としては、タロットと西洋占では分野が異なり、それぞれできることとできないことがありますので、この二術の併用と言うのはごく自然な当たり前のことでもあり、大抵西洋占星術家というのはタロットと12星座占いの両刀使いなので、ご了承下さいませ。

とは言え、絵柄を扱うタロットの世界でさえ、シンボリズムを否定する派はあるものです。直感、霊感、インスピレーション系のタロットをされる方はなもんカンケーねーよ。でしょう。

カンケーありたい皆様に向けているナディア・オフィスであるということでまた、ご理解の程。

タロットにおけるシンボルについては、「タロット象徴事典」を手掛けさせていただいておりますので、シンボル、象徴をひも解きながら、タロットを身に着けるには、こちらをご一読下さい。


西洋占星術におけるシンボルのほうでは、まあたとえばわかりやすいのは、この時期春分点を過ぎるちょっと前にお生まれの方がそうである「魚座」の表象について。

現在、全天における星座の総数は88であると、1928年の国際天文学連合第三回総会で承認されて以来、通説となっているわけなのですが、その中にイルカ座もあればクジラ座もあり、

「みなみの魚座」グロティウスの星座図帳より

minaminouoza.jpg

なんてのもあるんですけれどもね。皆、一匹の大きな魚を象った星座で表されています。

対して、二匹の魚の尾っぽがつながっているPisces=パイセズ、ピスケスなどと読まれておりますが複数形になるのが特徴でもある「魚座」。

uoza.jpg

「尾でつながれた二匹の魚」という表象というものが、黄道上の双魚宮を定位置とする魚座を理解するにあたっては、はずせない原理原則とでもいいましょうか。

表象=サイン、すなわち形、印、マークです。シンボル同様、目で見て理解する絵柄が要でございます。

この魚のエピソード、尾でつながることの由来、古代ギリシア・ローマでの逸話にはじまり、西洋圏において魚は何にたとえられ、どういう役割を投影されてきたのかなどを学ぶのが西洋占の授業だったのでした。

牡羊座〜魚座まで、多くは動物、時にはヒト、またその道具の表象から入ってまいります。

「牡羊座」なんかも、身体は魚座を向いていますが、頭は振り返らせるように牡牛座に向いています。


ナディアオフィスのテキストより

imageAries.jpg

表象としては突如として「二本の角を進行方向に向けて走り出す」イメージ。フェイント攻撃が得意なのです。当時の星読みは、この牡羊座の角部分の星明かりの上昇なり下降なりが重要だったようです。



「獅子座」なんかもわかりやすいですね、百獣の王であり、孤高の存在であり、裏目に出れば尊大で、己にとって最大の敵となるやっかいな存在、それが獅子というサインで表されている。

シンボリズムの一種と言えるでしょう、紋章学においては獅子ほど重要な動物はいないとされている。キャッチーなのですね、獅子は。


タロットも西洋占も、共通のサインやシンボルを元に構成されているのです。

両方同時進行すれば時短学習が望めるし、ひとつずつ段階を追って学習すれば奥深く吸収できるというメリットがあると思いますよ。

じゃあまた会にて☆彡

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。