2019年06月08日

本年も6月に突入★計画の見直しと仕切り直しの時期ですね。


6月に突入★一年の折り返し地点にあって計画の見直しと仕切り直しの時期ですね。
こんなサービス展開中です☆彡

計画の見直しと仕切り直し、自分で立てて自分で実行したりできなかったりの計画を、また同じ人間が同じやり方で立て直しても? 

だから担当者を変えましょう、自分の中で。という主旨なのです、12星座占星術を駆使して。

自分の中に十人の自分(十惑星がつかさどる十人の自分)がいるはずだから。

自分の計画だけどうまくいかないから、他人に、こと計画の達人に、丸投げというやり方もあるだろうけど、そうなると他人は平気であなたの過去を全否定! バッサリするかもしれない。それでは前の計画は一体何なんだったのだろう、ムダな計画だったということか?になっちゃう。

 あなたの1年、あなたの計画です。前任者を引き継ぎ、ステップアップを兼ねた仕切り直しができる人は、やはりあなたの中にしか居ないでしょうから。

 あなたはあなたで一生懸命やってきたはず。私の身近には頑張り屋さんしか居ない。がんばり過ぎてもいけないことも重々承知のがんばりのエキスパートが多い。それでもなおかつ、そんなに人生は計画通りになんかいかない。

 今計画通りに行っていないことについて、その原因・理由になるようなことを十も二十も挙げられるでしょう。

 すべてをお話して下さいね。それが、ナディア・オフィスの鑑定流儀です。

 占い業はサービス業ですからと、愚痴や不平不満の聞き役と同じだと、結構多くの人がわたしの前でそう言われてきたが、わたしにとっては違います。

 愚痴も不平も不満もいっしょにしちゃってるところがもう違います

 それぞれことばが違うのですから、違う物言いにたいして、対応の仕方はやはり異なってきます。

 わたしのレメディではすべてが「情報」、その表現、伝え方、使う言葉すべてがタロットの絵柄を解釈し、タイミングを推し量るための、貴重な文言です。

 あなたのことばで自由に、語って下さい、ただし時間の許す限り。


 人は同じ欠点でもって同じ失敗を繰り返す生き物です。その辺のことは多くを語らずとも星的にお察し致します。

「まさか破局になるとは思わなかった」という方よりも、「やはり続かなかった」的な、言い換えれば「心のどこかで予想していた」という方のほうが圧倒多数です。

 就職だって、人と会社・組織とのおつき合い、結婚のようなもの。相性、超重要。結構、腐れ縁でずるずるというケースも多い。しばられないフリーの立場をつらぬけば生活が苦しくなるというおまけつきですとか、男女関係も仕事も、一長一短。

 転職就職相談なんて若い人のものと思っている人もいるようですが、50代の御相談も多く寄せられています。がやはり内容が違いますね、年齢が増せば増す程その先の「やり直し」が困難になる。

 計画的に、よく考えて行うべき転職就職活動ではありましょうが、、自分の計画の見直しを、同じ頭でやっても・・その人のそのままのそれまでのやり方で大丈夫???

 だから、命術の卜術のメッセージを借用するわけです。星の座相から、タロットの絵柄から、新しい解釈を仕入れるのです。未だ開かれていない目を開眼させるのです。

 卜術であるタロットができない時期、好機についての占断は命術が担う。

 ところで好機=「チャンス」であって、「成果」ではありません。

 星回り的に「吉事」と言っても、チャンスがある時期、チャンスをつかめる時期、成果を出せる時期・・・云々、様々な内容、質、要素があるのです。

 チャンスがある時期というだけで、「今はよい時期です、よかったですね」程度の解釈をするだけの占師の何と多いこと! 最近、某所でビックリしましたよ。星図もタロットの絵柄も読むなんてものではないのですから・・

 んだってもうこういうやからと社会ではいっしょくたにされてしまうのですから、完全に営業妨害ですよ。。こちらも生業で経営させていただいているので、わたしなりに営業活動していかなくては。

 チャンスをつかみ、生かしてもらえるようにアドバイスするのが占師の仕事です。

星を見て「チャンス」を見出し、何についてのどんな好機なのかをまず伝えなければ!

 ざっくりは、星のカフェに書いておきました。たとえば牡羊座。さらなるご質問は個別にうかがいます♪

 ❧牡羊座
天空の太陽はあなたの太陽に対して30度ほどの小吉角。何ごともそこそこなら上等ですから、立ち止まるよりもパッパと動いていきましょう。いわゆる軽く流す要領のよさがプラスにでる時です。仕事や勉強のコツをつかむのにもよい時期ですが、損得勘定にとって代わると裏目に。やはり数字で割り切れない人間関係をコントロールしようとそるのはタブー。特に身近な家族のことは黙っておおらかに見守り、何ごとも皆で話し合ってから決定するようにしましょう。片想いの相手にメールや手紙はOK。カジュアルに笑える内容が効果的。

 なあんてカジュアルに書いていますが、まあルネ先生に教わった商業文書ですから。

 ちゃんちゃんともうちょっと、個人鑑定の現場で。

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 21:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 月刊ステラ・マガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。