2019年07月26日

7/24の議事録

議事録


18:00〜開会

まずPR動画撮影の主旨について。主旨は明確にあります。

が、構成や仕上がりについて「何となく」というイメージしかない。

形式がまったく決まっておらず散漫な状態

  ↓

全編として2時間の講座内容の一部を公開する形?

タイトルは?

上級者レベルのきわめてレアな鑑定ケースなどを扱いたい

(ナディア・オフィスの「運勢鑑定マニュアル」をテキストにしたい意向あり)


そもそも現場の占い師は自分のことを占えているのか、人の相談に乗ると言いながら、使いこなせない占いでどう相談に乗っているのか?

こんなテキトー占い師ばかりになって益々世間が占いというものをどう認識していくのか危機感もある

  ↓


一定期間勉強された方の仕上げ的なレッスン内容にしては?


  ↓


むしろベーシックなものを広く社会にわかりやすく、おもしろくPRしたほうが

  ↓

ベーシックなチラ見せ的な動画はあふれているのでは。

アルカナ1枚取り上げるタイプなどはつまらない

  ↓


相談者は「仕事運をみたい」と言いながら、鑑定していく内に「実は」と本質と思われる本題を話し出すことがある。そこまで触れるのか?

  ↓

そもそも相談者によってかなり対応が変わってくる

後押しが欲しいタイプ、聞いて欲しいタイプ、具体策を求めているタイプ

対面鑑定では初回向き合って初めてタイプがわかる

紋切り型の対応しかできなから、仕事として長続きしない

  ↓

一概に運気の見方、占断の仕方をレクチャーするだけでは済まないところがあり、「相談者別対応の仕方」を取り上げては?

  ↓

カウンセリング主体、あるいは精神論に偏るタイプの占術鑑定はそもそも「占い」を軽視している傾向。占いである以上、必ず占的を立てて占断に基づいたアドバイスがされるものだろう


  ↓

実際にはあまり「占的」自体が取り上げられない

わたしは相談者といっしょに占的を話し合います


20:00頃閉会

  ↓

スタイルは個々にあるとして、占的をしっかり伝える動画を作るのはありかも

それを踏まえ、

今回はタロット主体。愛情運、金運、仕事運別の実践鑑定例を各30分ずつ。で動画を作ってみては

ここまで結論出せてきました。

出演して下さるにしても、ご自身のPRをしたい人、したくない人共存。

結局皆顔出しNGな感じですので、対話とかタロットやチャートの画像がメインの動画になりそうで、編集力にかかってくるかも。ですね。


あとは皆様どうでございましょう、占い講座のPR動画につきまして「こういう動画が観たい」というご意見、ご要望、お待ちしております


もう一度集まる必要があり、また撮影も数回に分けてはとの声あり。

ナディアは北千住、駒込、日暮里、新大久保付近でしたらいつでもOKです。打ち合わせ、お呼び出し下さい。

本撮影は8/28水曜日 17:30〜です★

いっしょに学びながら参加していただける受講生さん、遊びに来てね☆彡

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 19:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。