2014年02月09日

2月最後の集会は2月22日土曜日です

会員の皆様にはメールで誤情報お送りしてしまいました、大変申し訳ございません。
2月22日土曜日の集いのお誘いです

☆★☆長年、月に一回のペースで開催させていただいておりましたが、
2月を一応の節目として、以降は季節毎の企画に変えさせていただくことになりました。

2月は最後の勉強会ということで、主催者による「タロット講座」を提供することとあいなりました。
ご都合よろしければ、日ごろのお仕事のプラスアルファにも、
またビギナーの方にもこれからの学習の中で「タロットをどう解釈するか」の大きな参考になるよう、
主催者がここ1、2年で収集した最新の情報と共にお伝えして参りますので、
下記要項にて、ご参加・お申込の程、宜しくお願い申し上げます。

●日本タロット占術振興会 2月最後の月例集会日程
 日時:2014年2月22日(土曜日) 
 ◇場所:駒込文化創造会館 第四会議室
 ◇参加費:会員3,150円  無料会員3,500円 一般4,200円
 ◇日程
 9:00〜開場
 9:30〜開始 2014年後半の星回り/ホロスコープ解釈
 10:30〜タロット講座
 ・テーマ「タロットを解釈する上での注意事項、盲点、セラピストとしての心構え」
 1 大アルカナ、小アルカナ、人物札の使い分け
 2 タロットデッキの使い分け
 3 枚数が少ない展開の盲点
 4 ケルト十字展開法の潜在性と顕現について
 5 質問者との向き合い方

 12:00 終了 昼食を兼ねた懇親会あり

  遠方の方も、日ごろの占術活動の中での思い、ご意見、ご質問、何なりとお寄せ下さい。
 会でのディスカッションのテーマにさせていただければ幸いです。

 今回の講座は、ウェブ講座としてアップ予定ですので、そちらのほうでもご参加していただければ幸いです。
  
 ナディア・オフィスのタロットウェブ講座
 https://www.nou-college.com/lecture/inslist/49


節目となりましたが、これまで応援してくださいました会員の皆様、通学生の皆様、通信講座受講生の皆様、本当にありがとうございました。
まだまだ道は続きますので、ご安心を!
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 11:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

次回の集会は2月22日土曜日です

  • 2月22日土曜日 9:30〜

     ◇テーマ:人生に変化を起こすタロットセラピー、総まとめ
      ◇場所:駒込文化創造会館 第四会議室
     ◇参加費:会員3,150円  無料会員3,500円 一般4,200円

     ◇3月は修了検定※になり、2月はその試験対策も兼ねた総まとめの会となります。
    • ※主催者の執筆作業の都合で、予定しておりました泊まりがけの講習会は書籍出版記念の会に併せて延期となっております。3月のタロットセラピスト検定はこちらをご確認下さい。
 ◇昼食を兼ねた懇親会も予定しております。タロットと占術の愛好家の輪に入っていただける方、お気軽にお問い合せ・お申込下さい。17日までに宜しくお願い申し上げます。

  • 1月26日日曜日集会後記

2014年の総体運について、東洋占と西洋占との考え方について

占断と相談者の幸せの尺度の違いについて

「よい、わるい」の表現について

占断をいかしきれるようなアドバイス、導き方

経済状況がもたらすストレスについて

等取り上げました。先回取り上げたディストレス=個人の主観的な心理的苦痛と、それを引き起こすストレッサーとの関係と、ストレスを軽減させるソーシャルサポートの重要性に続き、今回はストレスを増強させる要因、軽減させる要因がいくつかある中で、その中で占術が果たせる役割として、ストレスを軽減させる「確信的コミュニケーション」というものがあることを勉強しました。欧米で用いられる「Higher Power」の出番と言えるでしょう。

カウンセリングと異なる占術セラピーの特徴として、相談者を受け入れ理解するという受動的な姿勢よりも、相談者の凝り固まった心を解きほぐす働きかけを積極的に行うという姿勢が重要になることがあげられます。しかしこれは相談者への理解というものが大前提で、むしろその延長にあるもの、カウンセリング以上の技量が求められるものでもあるでしょう。理解に至らない内に、可能性の芽を摘むようなことがないようにと、話が現職占い師の実態へと広がりました。

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 20:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

11月集会後記と12月の集会へのお誘い

●11月集会後記
・めずらしく予定の9時半を待たず開始 2014年の年運に取り組む

・10:45頃から、タロット史再考。
特に、15世紀〜16世紀のヴィスコンティ版発祥から、マルセイユ版が生み出される過程の中世ヨーロッパの社会について、ヴィジュアル百科などの図版・挿絵とともに学んでいったわけですが、他の教室や学校では、結構「歴史」的な話になると、受講生さんたちからはそっぽを向かれる傾向が今までも強かったことを思い出すに至ります。

 易道学校などでも「タロットの読み方が知りたいのであって、歴史には興味ありません」というお声をいただいたこともあります。
 が、今回やはり、そのタロットの解釈、読み方を身につけ自分の骨肉にする作業には、タロットの「絵柄」の歴史的な背景を熟知することが直結している、ということもあわせてご理解いただけていれば!

  マルセイユ版の絵柄を読み解く際には、ウェイト版の読み解きとは違ったギアチェンジが必要であることも。どういうギアをどう入れるのか、ということが、時代背景とともにより解りやすくお伝えできてはいたでしょうか。

 そもそも、ギアが「自分」に入っている状態で、通常は絵を見て自分で感じて、自分なりに心を動かし、なにがしかの判断をするわけですが、タロットを解釈する際には、それとはまた違った「タロットギア」を使うわけですよね。このためにタロット教室というものがあります。

 そういうのどーでもいいよ、自分の好きなように読むよ、という方には、教室とか学校とか学びの必要はありません。おそらく会員の方で、学びをうとんじておられる方などはいらっしゃらないでしょう。もうどちらかでしっかりギアチェンジ方法を習得されておられるかと。

 ただ、一定の知識を得て卒業した後も、やはり「自分流」に走る傾向が誰しもありますから、できれば会員の皆さんには、可能な時には集会に参加し、適切なギアチェンジができるよう読み方のパターンなどを整理していただきたいと切に願います。

 お忙しい方には、ぜひとも3/21のワンデイセミナーへ、旅行イベントを兼ねた企画ですので、お誘い合わせの上、振るってご参加下さい。詳細お気軽にお問い合せ下さい。

・さて、マルセイユ版を使用してのタロットセラピーも終盤に入ってまいりました。今回から実践の中での学習となります。たとえば、下記のような悩めるご相談者様へ、どんな話や提案をあなたはすることができますか?  会員の方にはメール添削うけたまわります。

Q「地元の公安委員会指定の自動車学校にて、普通自動車免許の教習中です。約2ヶ月の教習期間を経て、ようやく卒業検定までこぎつけましたが、あえなく不合格。大きな検定中止事項に当たるミスをして落ちてしまいました。もともと向いているとは思っておらず、仕事のためにやむなく取得しなければならないというのが自分自身辛いですし、非常に今後が不安です。」44歳女性


 マルセイユ版大アルカナ22枚によるトライアングル展開法にて
@相談者の現状−−アルカナ「節制」
A今後の相談者、自動車との関わり−−アルカナ「月」
Bアドバイスカード・相談者を守るもの−−アルカナ「法王」

imagemarseille131130.jpg
 

●12月の集会へのお誘い
 12月15日日曜日 9:30〜

 ◇テーマ:心と身体について、心を病む、そして回復するメカニズム
  ◇場所:駒込文化創造会館 第四会議室
 ◇参加費:会員3,150円  無料会員3,500円 一般4,200円

 ◇本年最後の集会となりますので、昼食を兼ねた懇親会も予定しております。懇親会のみでも大歓迎ですので、タロット愛好家の集いの輪に入っていただける方、お気軽にお問い合せ・お申込下さい。日が迫っておりますので、9日までに宜しくお願い申し上げます。

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 03:50| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

日本タロット占術振興会ホットライン12月いっぱいとなりました。

日本タロット占術振興会 井上です。
タロットマスターズワールドですでにお知らせしております、ホットライン(無料電話相談)は、
本年12月をもちまして終了となります。長い間ご支援、ご協力、誠にありがとうございました。

電話担当して下さいました、会員の皆様にも、この場を借りて、御礼申し上げます。
お忙しい中、ご都合つけていただき、本当にありがとうございました。

来年1月からは、ステラ・マリス・ナディア・オフィスとして改めて開設させていただきます。
そもそも、ルネ師との出会いが、雑誌MISTY主催の無料電話相談だったことは周知のことですが、
個人的に、大学時代拒食症を患った時にも、地元の有志団体のホットラインに助けていただいたことがあり、
この活動は細々としながらで恐縮ですが、ライフワークとして続けさせていただければと。

誰でも生きている中で、楽しく、希望に満ちた時ばかりではないでしょう。
生きていることを投げ出してしまいたいというような気持ち、
世界でひとりぼっちになってしまったような気持ち、
泣きたい、死んだように眠りたい、何もしたくない、呼吸をするのもやめてしまいたいような気持ちに、
誰だってなるときが、あるのではないでしょうか。あるものなんです。

そういう時のために、占術家とは、存在しているのではないでしょうか、少なくとも私自身はそう思っています。
自分の生まれ、存在意義、使命?のような切り口から、その時その時の悩みや問題にどう向き合うか、
宗教でもいいのかもしれないし、心理カウンセリングでも大いに役立つでしょうが、
まあ「占い」という、好き嫌いもあるでしょうが、それなりに役立つものだから、まだまだこれからも需要はあるでしょう、
何でもいいんだと思います。その時、その人が救われるのなら。

私自身は、生まれてこの方、占い師という職業に就いてみたいとか、思ったことなど一度たりともなかったのですが。
ただ、病気で大学を辞めて、闘病時代を経て、さあ社会で何をして生計を立てていこうということになった時に、
色々なパート、アルバイトを経験しながら、かたわらで趣味と実益を兼ねるような活動でしていた占い業のほうが、
徐々に徐々にふくらんでいって、今に至るという感じなのです。
「何でこの仕事しているんだろう?」とふと今でも我に返ることがありますが、
ただ自分ができることと、それにニーズがあった、というだけのことで、生来あまり器用でないので、
眼前の仕事に打ち込むと、他のことが見えなくなるところがあって申し訳ないのですが、
見えなくても必ず意識はして考えてはいるので、月次更新が遅れがちで申し訳ないのですが、
引き続き、日本タロット占術振興会&ステラ・マリス・ナディア・オフィスをご愛顧下さいますよう、
宜しくお願い申し上げます。
 

11月研究会のお誘い

「タロット史再考」では、中世ヨーロッパの社会的な背景等、紹介させていただく予定です。
なんとクリスマス時期に、「愚者祭」というものが開催されていたそうです。
内容的には、ちょっとひわいなお祭りなので伏せさせていただいて、
ただそこに、「俗と聖」という中世社会を象徴するテーマが見え隠れするのです。
12星座のシンボルも、「俗」に属するもののようです。

日時:2013年11月30日(土曜日) ※
 ◇場所:駒込文化創造会館 第四会議室
 ◇参加費:会員3,150円  無料会員3,500円 一般4,200円
 ◇日程
 9:00〜開場
 9:30〜10:45 2014年の星回り研究会
 10:50〜11:50 タロット史再考 マルセイユ版成立の時代背景
 12:00〜 昼食会+スタッフミーティング(会のことをよくお知りになりたい方はご参加下さい)
 13:00 終了予定
 

※私事で13時きっかりの終了となります。参加お申込は、日が迫っておりますので恐縮ですが、大至急お願い申し上げます。
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 22:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

11月研究会のお誘い

いよいよ冬景色の季節まっただ中、ですね。明日はしっかり着込んで出かけましょう。

さて、11/30土曜日は、月次研究会です。
例年通り、2014年の星回り解釈に取り組みますから、白熱しそうですね。
タロットの部は、少々趣向を変えて、「タロット史再考」といってみましょう。

「マルセイユ版」で、一応のタロットのスタンダードが出来上がったわけですが、その背景は?
やはり前々から紹介している『木版画を読む/森田安一著 山川出版』から、
当時の時代背景や社会制度、人々と絵画の関わり等勉強したいと思います。

日時:2013年11月30日(土曜日) ※
 ◇場所:駒込文化創造会館 第四会議室
 ◇参加費:会員3,150円  無料会員3,500円 一般4,200円
 ◇日程
 9:00〜開場
 9:30〜10:45 2014年の星回り研究会
 10:50〜11:50 タロット史再考 マルセイユ版成立の時代背景
 12:00〜 昼食会+スタッフミーティング(会のことをよくお知りになりたい方はご参加下さい)
 14:00 終了予定
 定員5名 

※早くも年末商戦なのか、ナディア・オフィスへのお問い合せやご注文たくさんいただき、ありがとうございます。
それに連れて、ご返信や発送業務などいつもよりお待たせすることが多く恐縮です。
色々と滞るばかりで、ネットサイトを楽しみにして下さっている方にも申し訳ないです。
が、すべてよい機会をいただいていることに感謝です。
どうか、温かくお見守り下さいますよう、引き続き、宜しくお願い申し上げます。
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 19:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

10月研究会後記

・ 先回は、一般の身の上相談とその中でのアドバイス、心理療法としてのカウンセリングとその中での助言やうながし、すなわちアドバイスとカウンセリングの違いをタロットセラピー序論としてお伝えしましたので、その辺りのおさらいから入り、いよいよ本題「セラピーとは、タロットを用いたセラピーのあり方と効能」に入っていきました。

・ タロットを用いたセラピーとしては色々な形が上げられました。今回は前触れの通り、手軽に着手できる塗り絵を応用したアートセラピーの実践へ。お話しました諸事情により、マルセイユ版ではなくウェイト版での取り組みとなりました。
 
ここに実際に参加者の方々に作成していただきましたタロットを紹介してまいりましょう!

waitetherapy02.jpg



waitetherapy03.jpg



waitetherapy05.jpg

少々携帯カメラの取扱が未熟で、、不鮮明な点にはご容赦下さい。


ではこちらはスキャンさせていただいたのでかなり鮮明です。
waitetherapy06.jpg

ある参加者の方が「今一番いいたいこと」というテーマで、塗り絵をして作成して下さったアルカナです。
さてここで、会員の方の解釈診断を承ります。

作成者のいいたいこととは? どんな思いを強く抱いているのでしょうか? 心の叫びをあなたなりに解釈してみて下さい。
※アルカナについては、作成者が選んだものではなく、ランダムに渡されたもの=作成者が「女教皇」を選んだわけではありません。たまたまです。

ヒント! 単なる自由連想では、タロットセラピーになりません。
色彩については、「タロット象徴事典」の各アルカナの項末にある「ウェイト版シンボル早見表」に
端的に解説が掲載されています。たとえば「赤」については、赤い絵柄が特徴的なアルカナ「皇帝」の
項末p.96に色が象徴する事柄をコンパクトにまとめてあります。
おおむねウェイト版の彩色に用いられれている色については、各アルカナの本文のほうにはより詳細な解説が。

会員の方で、解釈文を会員サイトに掲載OKの方、ぜひ投稿お待ちしております。


・ 参加者の方には、色や形による表現には、ことばを越えたメッセージ力があることを、今回体験していただけましたでしょうか。

・ また、幼少期に楽しんだぬり絵遊び、ここでも彩色する楽しみを味わっていただけたかとも。
同時に「着せ替え人形遊び」を彷彿とされた方もいらっしゃり、愚者や女教皇の持ち物や衣服のパーツを作って
どういうものを身につけさせるかで、気持ちのコンディションを測ってはというアイデアも出していただきました。

・ その後、木版画のタロットと関連する参考書として、『木版画を読む/森田安一著 山川出版』
の中から、占星術と木版画の項10ページ程読み合わせ。

・ 終了時間となってしまいましたので、場所を移して「11月の星回り」20分程度意見交換し、お開きとなりました。


・ 11月の会は、17日日曜日か30日土曜日で開催させていただきたく、会場の予約の関係で、できるだけ早く参加お申込連絡お願い申し上げます。

日本タロット占術振興会 井上でした。
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 17:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

10月研究会へのお誘い

今日はこちら、しばしば曇りがちながらも晴天で、ものすごい強風吹き荒れる1日でした。
乾燥が激しく、鉢植えの水やりに追われる一幕も、、
台風の影響下にあられた方々はもう日常を取り戻しているでしょうか、
またしばし秋晴れを満喫できる時間がおだやかに過ぎてゆくことを祈っております。

さて、10/20日曜日は、タロットセラピーの最も基本的な使用法として、
ペインティング・セラピーの効能についても考えていきたいと。「ぬり絵療法」の応用です。
実際に色鉛筆をご持参いただき、無色のタロットに彩色していってみましょう。
この時、ウェイト版とマルセイユ版とどちらを選ぶかから、セラピーは始まっているのです。

マルセイユ版については、レジュメをアップできる段階になってきたので、
各札について質問等あれば、メールでお寄せいただき、そちらに反映させていくのもよいかと。
この質問については、会員の方限定とさせて下さい。お気軽にメール下さい。

また参考書として、今回はこちらを紹介。
『木版画を読む/森田安一著 山川出版』
書籍は下記、十五世紀末ドイツの詩人セバスティアン・ブラントの詩から始まっています。

『文字をさげずむ者がいるならば

あるいは文字を読めぬものがいるならば

木版画の中に自分の姿を見ればよい

自分が誰で、誰に似て、何が自分に足りないか木版画で眺めなさい』

まだ「地動説」が当然のことで、教会の絶対的・強力な支配下にあったヨーロッパの暗黒時代を生き抜いた庶民の知恵が、マルセイユ版には込められていると言えるでしょう。オカルティズムの手あかにまみれたマルセイユ版ですが、タロットが異端的な信徒だけのものではなかったことは周知のこと。
宗派に寄らずヨーロッパ各地で流行したカードゲームでもあったのです。
いずれにしても、一見不可思議なマルセイユ版の絵柄、これが当時は決して口にすることが許されなかった「教会批判、権威主義批判」を色濃く風刺的に表現した絵であることは確かなようです。

この書籍には、デューラーの弟子・エアハルト・シェーンによる「賢者の家と愚者の家」「パグパイプを吹く悪魔」といった木版画が紹介されていますが、一連のタロットのメジャーアルカナに相通じるテーマを見出すことができるのは、また不思議なものですね。

また、本年の忘年会は、東北でというお声がチラホラと、、
熱心な宮城県の会員の方々のご協力に期待させていただけそうですので、
12月中を目処に「東北大会」の開催に向け、興味・関心ございます方、ぜひともご連絡お待ちしております。
これについては会員・非会員を問わずまだ開催については今ひとつ不安定な段階ですが、仮参加の申込みいただければ幸いです。

まずは、10月の研究会にて。
タロットも占星術も占い道具としてのみならず、その歴史、絵柄といった文化的な側面から心理療法的な効能についてまで、しっかり研究し社会的な活動に生かしていこうというお仲間を引き続き募集してまいります。日がせまってまいりました。お早めにご連絡下さい。

日時:2013年10月20日(土曜日) 色鉛筆をご持参下さい
 
◇場所:駒込文化創造会館 第四会議室
 ◇参加費:会員3,150円  無料会員3,500円 一般4,200円
 日程
 9:00〜開場
 9:30〜10:30 11月の星回り研究会
 10:40〜11:50 マルセイユ版、ウェイト版を使用したタロットセラピー
 12:00〜 昼食会+スタッフミーティング(会のことをよくお知りになりたい方はご参加下さい)
 14:00 終了予定
 定員10名 
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

「解説書付きタロット」セール開催です♪

タロットマスターズワールドのショッピングコーナーにて、オリジナル解説書付き、もしくはBook&Deckのセットで販売中の全商品、送料無料でご提供とあいなりました。
有料会員様には送料無料+お買い物総額より10%OFF!


在庫希少品を紹介させていただきますね。
たとえば、ナディア・オフィス制作の解説書付き商品に下記のようなお品がございます。

エジプシャン・タロット在庫2点!
egyptianbox.jpg    imageegyptianbookml.jpghttp://tarotshopping.net/?p=673

ドダルのマルセイユ・タロット在庫1点!
dodal78boxml.jpg   dodal78bookws.jpghttp://tarotshopping.net/?p=1483


また、Book&Deckのセットにはこんなお品がございます。

ミスティック・ドリーマー・タロット 在庫1点!今後希少価値高まる可能性大
Tarot%20Mystic%20Dreamer.jpghttp://tarotshopping.net/?p=2180



聖者のタロット 在庫1点!入手困難品で、ようやく一点入荷しましたが、コンディション今ひとつです。ご理解いただける方に。。

tarotofsaintsboxws.jpghttp://tarotshopping.net/?p=1898


NON-TAROTのコーナーには下記のようなお品もございます。
ティー・リーフ・フォーチュンカード
tealeaf-box.jpghttp://tarotshopping.net/?p=2636



メディスン・カード
medicinecards01.jpghttp://tarotshopping.net/?p=765
こちら1点、お箱が完全につぶれてしまっているものが。しかしボール紙の部分なので、中身の書籍とデッキ本体に問題ございませんが、20%OFFでのご提供可能です。備考欄にて、B級品希望とご明記下さいませ。

また、「読書の秋」にちなみまして「タロット解釈実践事典」「タロット象徴事典」や、ウェイト版デッキ+原書セットも送料無料☆

A会員様にはさらに10%のお値引(=20%)適用です^^
わかりにくいことなどありましたら、お気軽にメール下さい。どうぞ、この機会をお見逃しなく♪

※欠品情報>ウェイト・ポケット在庫ございません。ユニバーサル・ウェイトとユニバーサル・ウェイト・ポケットは各在庫一点となっております。欠品中のお品につき、絶版でなければお取り寄せは2週間程度で可能です。何卒、宜しくお願い申し上げます。

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

タロットセラピスト検定に向け

10月20日日曜日の研究会では、タロットセラピスト検定に向け、タロットセラピー序論をテーマに、これを用いてどういうセラピーが可能なのか、また、占術鑑定やカウンセリングとの違いを明確にしていきたいと思います。

ここの所また色々と変化があり、タロット占いの効能などを改めて考えてみるにつけ、やはりその「絵柄」に仕掛けがあるものだと。

何故当たるのか、どうしてそこまで分かるのか?等々各所で相も変わらずお声が寄せられるものですが、、

タロットの絵柄が、見る人の精神を、的確な答えが導き出せるだけのレベルに引き上げているという実感があります。そんなにシンプルではなく、複雑なステップがあるでしょうが。


ご相談者は、「どうしていいかもうわからない!」状態で、占師のもとを訪れるでしょう。

頭の中が混乱、混沌としているところですから、理性的なことばによるアドバイスなどもしっかり受け止められない状態にあって、

そこへ、アロマセラピーで嗅覚に働きかけるのと同様、
タロットという絵柄を介して視覚に働きかけることで、相談者の気持ちをやわらげる効果には期待できます。

嗅覚、視覚のみならず、味覚、聴覚、触覚の五感に働きかけるものであれば、美味しいものを食べるとか、好きな音楽を聴くことですとか、すべてリラグゼーションになりえるものだということは皆さんも経験済みでしょう。

タロットの絵柄には、古今東西の神話的・宗教的なシンボルがふんだんに採用されていますから、一連のアルカナから何らかの洞察を得ることもできるでしょうし、やわらいだ気持ちの部分に、タロットの解釈手のことばがマッサージの効果を果たすことにもなるでしょう。

相談者の心に残るかけがえのないタロットセラピーになるようにと、私たちはタロットの新しい使い方を確立してゆきたいと考え、ここ数年勉強会を重ねてきました。ようやくひとつの体系的なものが出来上がりそうですので、「占い」とはまた別の次元で、タロットを日常生活、問題解決、リラグゼーションに役立てたいというお仲間がいらしたら、ぜひともご参加下さい。

 
さて、「占い」や「セラピー、カウンセリング」に、国家資格・公的資格が確立していません。きっとこの先100年経ってもムリだと、ある精神科医がおっしゃっていました。。心理カウンセラーという国家資格など難しいでしょうと。画一的な学習体系を確立できないからです。自動車教習所のように、どこで誰が学んでも同じ知識と技能が身につけられるといった成果が望めない。そんな中で、これを生業とするならば、実際の仕事で勝負するしかありません。実績を上げて世の中で認めていただくしかありません。

占いもセラピーも、現場で様々な問題に直面します。
こういうご相談に際して、このアルカナが出た場合、どういう答えを導き出すことができるだろうか・・日々、私たちは自問自答しています。仲間とともに意見交換できること、他者の考え方や知恵をお借りできる機会が、何よりのセラピーにもなっているでしょう。セラピストが健やかであることが、まずご相談者と向き合う際に最も求められることでもあるでしょう。持っている力を存分に発揮して「いい働き」ができるよう、会を構成してまいりますので、宜しくお願い申し上げます。


posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 17:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

日本タロット占術振興会10月の研究会 10/20日曜日9:30〜

日本タロット占術振興会9月の研究会は、もし可能になれば、ウェブ配信を考えています。
8月の開催内容は、こちらは実際にウェブ講座として配信準備中ですので、お待ち下さいませ。

10月の研究会の日程詳細は下記の通りですので、ご確認下さい。いよいよタロットセラピーの実践に入ります。

 日時:2013年10月20日(土曜日) 
 ◇場所:駒込文化創造会館 第四会議室
 ◇参加費:会員3,150円  無料会員3,500円 一般4,200円
 日程
 9:00〜開場
 9:30〜10:30 11月の星回り研究会
 10:40〜11:50 マルセイユ版、ウェイト版を使用したタロットセラピー
 12:00〜 昼食会+スタッフミーティング(会のことをよくお知りになりたい方はご参加下さい)
 14:00 終了予定
 定員10名 

さて、当初より「微笑みセラピストを目指して」というサブタイトルで開催して参りましたが、タロットを介して人のご相談に乗らせていただくというお仕事について、研究会内容も熱を帯びて参り、来春4月、いよいよ日本タロット占術振興会主催の『タロットセラピスト検定』を実施することとあいなりました。
つきましては、10月から2014年3月までの6回の研究会では、検定試験に向けた仕上げの研究会となり、下記のテーマで連続性を持たせて開催する試みとなりました。

2013年10月 タロットセラピーとは
2013年11月 タロットセラピーの効能、実践例
2013年12月 心と身体について、心を病む、そして回復するメカニズム
2013年1月  タロットを通した人間学 自分と他者、他者を理解する
2013年3月  人生に変化を起こすタロットセラピー、応用と実践


 お問い合せ・お申込は、10月15日までに宜しくお願い申し上げます。
また、タロットセラピーを実際に体験されたい方は、弊社オフィスへいらしていただければ幸いです。
ステラ・マリス・ナディア・オフィスのタロットレメディ(登録商標)詳細はこちらで。

通常の運勢鑑定と異なり、本社オフィス(埼玉県)でのみ可能なセッションとなります。心と身体の問題でお悩みの方、占術と心理カウンセリングの勉強をされたい方等のお役に立つことができるかと存じます。お気軽にお問い合せ下さい。
お住まいのお近くで占術セラピーが可能な鑑定師は、日本タロット占術振興会会員検索システム でお探しいただけます。

なお、私どもでは毎月一定日時に無料電話相談日も設けておりますが、こちらは、無料で占い、セラピー、カウンセリング等を提供するためのお電話ではありません。主旨をよくご理解の上、ご利用下さい。
http://tarot-society-jp.net/TarotmailSoudan/

日本タロット占術振興会 井上でした。
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

日本タロット占術振興会8月の研究会 8/31土曜日9:30〜に変更となりました

日本タロット占術振興会8月の研究会 8/31土曜日9:30〜に変更となりました。
日程詳細は下記の通りですので、ご確認下さい。

 日時:2013年8月31日(土曜日) 
 9:00〜開場
 9:30〜12:00 ウェイト版解釈実践のコツ
 12:00〜 (場所を移動)昼食会を兼ねた「初期ウェイト版」画像閲覧会
 14:00 終了予定
 定員10名 場所・参加費に変更はありません。


さて、当初より話題にしていた「初期ウェイト版」の画像閲覧会もさることながら、
やはり日本タロット占術振興会では、正統派タロットとして名高い「ウェイト版」を専門に扱うメンバーが多いことから、
ウェイト版に特化したリーディングの勉強会なども前々から要望がありまして、
今回は夏休み特別研究会として、「ウェイト版解釈実践のコツ」を、講座形式で伝授していくこととあいなりました。
初期ウェイト版の画像は、講座後に、昼食会を兼ねて楽しく、行ってみたいと思います。

〜「ウェイト版解釈実践のコツ」内容詳細〜
当会代表井上が長年様々な立場でタロットを扱ってきた中で、
多くの皆さんが立ち止まる「節目」があることにも思い至り、
その節目を、同じように乗り越えてきた先人として、タロットのメッセージのとらえ方、活用方法の
具体的なポイントをいくつかお伝えできればと考えております。

たとえば、
ポイント1 アドバイスカードが正位置・逆位置で出る時の違い
ポイント2 大アルカナの擬人像から人ではなく、物事の形状を読み取る工夫
ポイント3 自分のためのタロットと相談者のためのタロットとの違い

引いては、趣味の占いと、プロがお客様に提供する占いというものがどう変わってくるのか、
最もポイントとなる、ご相談者との向き合い方に、力を入れて解説してまいります。

夏休みを利用して遠方からお越しの方もいらっしゃいます。
当会、またサイト「タロットマスターズワールド」を通じて、
素晴らしいタロット愛好家との出会い、そして躍進がありますように...
この機会をどうぞお見逃しなく! 
お問い合せ・お申込は、8月16日までに宜しくお願い申し上げます。
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 17:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

初期ウェイト版4つのヴァージョン 愚者

ar00.jpg手持ちのウェイト版


0 THE FOOLds.jpgパメラAなる初期ウェイト版

BACKwl.jpg

0 THE FOOLds.jpgパメラA(Roses&Lilies)なる初期ウェイト版
裏のバラとユリ文様
BACKwl.jpg


0 THE FOOLds.jpgパメラBなる初期ウェイト版


0 THE FOOLds.jpgパメラCなる初期ウェイト版


0 THE FOOLds.jpgパメラDなる初期ウェイト版






posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

日本タロット占術振興会8月の研究会 8/25日曜日9:30〜

◇日時:2013年8月25日 日曜日9:30-12:00
◇場所:駒込文化創造会館 第四会議室
◇参加費:会員3,150円  無料会員3,500円 一般4,200円


7月は日程の調整がつかず、また、これまでの後記がかなり整理されておらず、その辺を形にする時間をいただきたく、集会はお休みです。
そうしまして、8月の会はまたまた変則的なのですが、さるお方より、「初期ライダー版」の原版をスキャンする機会があられたとのことで、ご厚意で画像をDVDでいただいております。ウェイト版の原版ですね、そちらをみんなさんで拝見させていただくのもよいかと、8月の集会に持ち寄らせていただきます。いや私もまだ開梱しておらず。。

ウェイト版は、1909年に初版刊行で知られていますが、その翌年1910年に第2版が出ていて、単に版違いで、同一の印刷物とみなされ、ウェイト版の初版は1909年とも1910年とも言われることがあります。しかしながら、結構この1版と2版とに大きな違いがあるするなら、今後も区別化していく必要がありますね。たとえば、絵札の裏模様は明らかに違っているとか。第一版は、今現在「RWS版」で流通している復刻版に観られる通りのバラとユリの文様が裏面ですが、二版はまた異なると。

今回DVDを贈呈して下さった方のブログやツイッター記事から知り得た情報なのですが、2009年に記念版として緑色の分厚いパッケージで刊行されたU.S.Gamesの「RWS版」、スミス女史のポストカードなどがおまけでついていたあれですね、あの原版は、なんとU.S.Gamesの社長さんがeBayのオークションで8200U.S.$でご落札したものを復刻されたのだそうです。。出品者の方って一体??? ですよね、、そういうお話なども諸々、DVD画像、そして、皆もお手持ちかと思われます各社の「RWS版」をもとくと眺めつつ、、とても大きな画像で細部までよく見えるそうなので、歓談しながらウェイト版のさらなる魅力にまた迫ってまいりましょう。

資料の準備がございますので、ご参加お申込は8/16までに、宜しくお願い申し上げます。

井上でした!

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 18:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

コミュニケーショントラブルでお困りのことはありませんか?

例によって、直近6/29土曜日の日本タロット占術振興会 集会にて、「コミュニケーション」をテーマに、意見交換する予定です。
あなたが最近感じている「コミュニケーション」について、難しい、面倒だと思われがちなそれについて、具体的なお悩み、不安等にも参加者のみんなで意見を出し合いたいと思います。振るってご参加の程、メール参加も、お待ちしております。

ところで、沖縄終戦の式典で、小学生の男子が朗読した「平和について」の作文、私は感銘を受けました。作文そのものは、「平和とは何か、どんな有意義なものであるか」・・・素直な感性で訴えかけるシンプルなものでした。が、最後の一文によって、ものすごく気付かされた節があるのですね。
「これからも、ずっと平和が続くように 僕もできることからがんばるよ」という一文。

戦争、殺人、暴力、ハラスメント、いじめ・・・こんなことが何故起こるのかと社会問題として取り上げられることは珍しくありません。理想の社会像、誰それはこうあるべき論は語られがちですが、
「じゃあ今日明日、そのために私たちができることは?今の今、何ができる?」そういう話はあまり聞かれないですね。


占術を介して人のご相談に乗っていても、「結局ゴールまで行けるのか、達成できるのか?」が焦点になりがちです。大きな山を越えられるかどうかの前に、今日も明日もまだまだ相談者はこの現状の中で生きていかねばならないのですが、、結構もうそういう現実と向き合うことのほうがシンドイ、大きな問題だったりもしますね。


小さな変化とか努力について、「そんなことしても社会は変わらないよ」と人は言いがち。
例えば、選挙に行かない、車中の迷惑行為に何も言わない、、、
いや批判ではなく、私自身もそういうところがイヤなんだけれど、正直あります。

そういう「一人一人のささいなことが、社会を荒ませている」・・そう、小学生の朗読の最後の一文で、今回気付かされました。

やっぱり、声を発して、人と関わっていくこと、重要ではないでしょうか。
言語を用いたコミュニケーション、これは人間の最たる行為なのですから。


まあ弊社も移転し、園芸・農作業に没頭するようになってからもうずっと朝は5時起き、夜は深夜になる前にドロのように眠り果てるという日々が続き、ブログ・HP更新等発信業務が何かと滞りがちで申し訳ないとも思っております。だんだんできなくなってくると、「しないのが当たり前」に・・・
そうならないよう、できることを、やっていかせて下さいね。

暴力、ハラスメント、いじめ・・・そういうものは決してなくなりはしないだろう。「どうしたらいいか、何故なくならないのか」という観念的な話は置いておいて、「少しでもなくなるために、今何ができるか?」という頭を常に忘れないでいたい。

そうして、暴力、ハラスメント、いじめ・・・それはもうないにこしたことはないけれど、でもどうしてしてしまうのでしょう? それほどに追いつめられた人間のメンタル面についても、考えてもいきたいと。うっ積、ストレス、それはほんの「いいや、自分がガマンしていれば」「言わないでおこう、触らぬ神に祟りなし」的なささいな抑圧から始まっていたりする。
「黙って知らぬふり」これが最悪のココロの悪玉ストレスだと言えるでしょう。


日本タロット占術振興会では、ホットラインの窓口も設けていますが、集会にいらしていただいても構いません。私たちでまずは「聴いて差し上げることから」、もしお役に立てるのでしたら。現役鑑定師が直接、アドバイスさせていただきますので、ある意味お得ですヨ。

6/29の占術的な勉強会では、7月の星回り検証、アルカナ14番を取り上げます。どうぞ、勉強の機会を探していらっしゃる方も一期一会でお迎えしておりますので、会員・非会員を問わず、ご予約の上、ご参加下さい。

井上でした。
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 18:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

日本タロット占術振興会6月の研究会 6月29日土曜日9:30〜

〜微笑みセラピストを目指して〜
◇日時:2013年6月29日 土曜日9:30-12:00

『7月の星回り』 『マルセイユ版の読み解き「アルカナ悪魔」』の2本を取り上げます。 

◇場所:駒込文化創造会館 第四会議室
◇参加費:会員3,150円  無料会員3,500円 一般4,200円

今回は「コミュニケーション」をテーマに、広く意見交換できればと考えております。
ちょっと気になるのは、外へ出れば、人は多くケータイやらスマホ三昧。無表情で文字入力に余念のない人々が目につくのが気になります。「口を使ったコミュニケーション」と形容詞がつくくらいに、今やコミュニケーションの主力は文字。。
質問箱とかQ&Aを利用して、世界中から有用性のある意見を募るのもひとつだとは思うのですが、そういうちょっとした疑問、質問を、身近な人とやりとりするということをしないのもまた、もったいなくはないでしょうか?
家族とか友だちとかご近所の存在意義は?
みんな身近な人と普段どんなことを話しているのでしょうか? 主催者はしきりに気になります。
無料相談に寄せられるケースの多く、「身近に話せる人いない」とリンクするからです。
身近に人は居るのです。「話せる人」が居ないという部分がとても気になるのです。

しかしながら、周知のこと、「コミュニケーション」とは難しいものです。
それぞれ考え方、伝え方のスタイルが異なる私たち、非常に神経も使いますし、「しないで済ませる」方向に行きがちになるのはもう重々理解の範ちゅうなのです。が、何だか「口」を使わないコミュニケーションばかりだと、、果たして「口」は何のためにあるのでしょうか?
いやいや、口だけではなく、どうも人間、手も足も「使わないで済ませよう」的になっているのでは、、

駅から4、5キロ離れた自宅に移り住んで10ヶ月になりますが、人間こおんなに動けるんだ!という、
逆に言えば「こんなに身体を使っていなかったんだ!」という感覚があります。 
それでも、座って、文字入力して、クリックして、、こんな動作ばかりが増えるのは、この田舎に引っ越してきても変わりません。
水田の上空を飛び交うカモやシラサギたち、庭にはチョウの産卵シーン、体調5mmにも満たないカエルの子、みんな生き物は群れて、それなりに社会を作って生活しています。。が、人間は?
こう文化・テクノロジーが発達した今の社会で、前触れに戻りますが、文字媒体以外のコミュニケーションを、人は今どんな風にとらえ、感じているのでしょうか?

当日参加できない会員の方にも、「コミュニケーション」をテーマに、最近考えていること等事前にメールでお知らせいただければ幸いです。

当日参加可能な会員の方、非会員の方、引き続き、当会に積極的に会に参加されたい方、どんな会か覗いてみたい方など広く募集しておりますので、お気軽にいらして下さい。

※準備の関係上、事前にご予約の上、お越し下さい。


井上でした。

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 18:48| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

日本タロット占術振興会5月の研究会 5月19日日曜日9:30〜

〜微笑みセラピストを目指して〜
◇日時:2013年5月19日 日曜日9:30-12:00

マルセイユ版の読み解き「アルカナ死に神」〜可能な範囲で開催してまいります。 

◇場所:駒込文化創造会館 第四会議室
◇参加費:会員3,150円  無料会員3,500円 一般4,200円

閉会後、今後の無料相談枠についてと、夏の東北大会についての議題があります。積極的に会に参加されたい方、どんな会か覗いてみたい方など広く募集しておりますので、お気軽にいらして下さい。

※準備の関係上、事前にご予約の上、お越し下さい。


※※先回のショート後記)
マルセイユ版独特の画一的な構図、作風は、「刺激が少ない」類のものです。何でも刺激が強いものが多い昨今、タロットの作風にも創意工夫が凝らされ、目に焼き付くような印象的なデッキが日々編み出されていますね。
そんな中でのマルセイユ版、たとえば「アルカナ死に神」や「塔」にしても、「?」何なんだろう、これは・・・という独特のコミカルな、シニカルな絵柄。その効果や必要性に、初参加の方の率直なご意見もあって、改めて目を向けた次第です。このデッキは、気持ちをニュートラルにさせる作用もあると言えるでしょう。

多く混乱したり、深い思い込みにおちいってしまっている相談者に対して、まず「落ち着いて、冷静に、ちょっと視点を変えてみましょう」という喚起を促し、このデッキを取り出すことができます。

「解釈」については、参加者それぞれの独自性をあえて打ち出してもらいました。
絵柄を「どう判断し、どう伝えるか」には、タロット解釈そのものというより、その占師の世界観、人生観、相談者との関係性によるものです。十人十色となる部分です。
もし、相談者に受け入れられない解釈、役に立たない解釈をしてしまったとしたなら、その占師の解釈が「間違っていた」のではありません。占師が、その相談者のための人ではなかった、ということなのです。
相互の人間関係が、必ずしも誰かと誰かとの間で成立するとは限りません。占師は常に、この相談者に対して「自分でいいのか」という意識を常に持つべきで、場合によっては自ら引くべきことにも触れました。

研究会にはそんなに多くの参加者があるわけではありませんが、自分の人生しか生きられない中で、自分にとって未知なる人生経験を持つ皆さんを知り、触れ合い、意見交換すること自体、大いに勉強になり、皆さんに深く感謝しております。

先のことがどうなるかという未来予知的な占術ではなくて、「自分を取り戻す術」としての占術を、これからも探求していきましょう。
井上でした。
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

タロットマグネットはいかがですか?

一応本日4/24で、タロット新規入荷リクエストはいったん締め切ります。最後に、これはタロットではありませんが、試しにこちらも入れてみようかなと。会員の方で、ご希望の方いらっしゃいましたら、ご注文下さい。

☆タロットマグネット
「愚者」「魔術師」「恋人たち」「力」「運命の輪」のアルカナがマグネットになしました☆
各セット6個入り。たとえば「愚者」のタロットマグネットには、それぞれ異なるデッキ6種類の「愚者」が入っているというお品です。




U.S.Gamesの広告はこちらTarotMagnets_lowRes.pdf


☆日本タロット占術振興会 5月の集会開催のお知らせ
5月19日日曜日 10:00〜12:00
駒込文化創造会館 第四会議室にて
〜微笑みセラピストを目指して〜 マルセイユ版「死に神」「節制」の読み解き他

また詳細は後日という部分もありますが、まずはお知らせまで。

GW間近ですが、気を抜かず、職務をまっとうしましょう。

時節柄、ご自愛下さいませ。

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 21:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

4月の集会〜タロット茶話会&即売会へのお誘い〜

4月20日土曜日の集会

なかなかお待たせばかりですが、もうメールを作っている時間もなさそうですので、ここでお知らせです。
人に笑顔をもたらすカウンセリング術の向上にも努めつつ、「マルセイユ版研究会」の後半となりました。スピードアップすれば今回あと後2、3回でゴール、かもしれません。取り合えず開催してみての様子見です。

日本タロット占術振興会月例勉強会〜微笑みセラピストを目指して〜
◇日時:2013年4月20日 土曜日10:30-13:00 

     13時以降「タロット茶話会」です。年度替わりもあいまって、今後の会の活動について、そして日々のタロット談義へとざっくばらんに意見交換する部です。共に主催し盛り上げていただけるお仲間、ぜひともご参加下さい。

◇場所:池袋ステラ・マリス・ナディア・オフィス 
◇参加費:会員3,150円  無料会員3,500円 一般4,200円

10時30分からマルセイユ版の研究会、13時終了予定で、その後、昼食を兼ねたタロット茶話会をという流れです。
軽食程度の用意がございますが、お好きなものを持ち寄られてもと思います。

2013/04/14追記:また、移転に伴いオフィスにストックしてあるタロットの即売会も実施。
会員価格の10〜20%のお値引きが可能ですので、その場にあるものだけで恐縮ですが、「お気に召すお品物があれば」お持ち下さい。

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 21:22| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

春分の日ですね

sampleimage.jpg日本タロット占術振興会 井上です。
さてさて、会員様向けショッピングコーナーにお得なセット商品などアップしております。



darkangelsmajorsds.jpg

darkfairyminor2ofcds.jpg

ダーク系&ライト系のタロットを。すなわち、陰陽のバランスを考慮して、というところでしょうか!
どちらにも天使が、愛が、生命力が描かれています。素敵なことです。あなたはどちらの描き方がお好みでしょう?

3Robertstarot.jpg

ハンソンロバーツのタロットは、もう20年以上経つでしょうか、超ロングセラー。占い館に勤め始めた頃、諸先輩方が必ずと言っていいくらい、持ってらっしゃったのがこのデッキです。休み時間に一枚一枚、丁寧に絵柄を見させていただいたり、自分のことを占っていただいたこともありました。

絵のチカラ、視覚的なメッセージ、こういうものを介して人様のご相談に乗るということを、引き続き皆さんで探求していきたい所存です。

まあナディア・ガーデン造園作業とあいまって、なかなかスピーディーな更新がおぼつかず、恐縮ではございますが、、

いやはやガーデンもプレオープンまでまだまだ!です。早ければこの春、とふかしていたものでしたが、、自然の脅威に圧倒されるばかり。
ことに杉戸の冬はきびしい! 温室に入れなかったハーブなんぞは全滅しました。

が、春はやってきました☆
わかります? つくしんぼうでおなじみのツクシ。
tsukushids.JPG

sakura.JPG

桜も一分咲き!


春分の日については、「タロット象徴事典」の女教皇の項をぜひともご覧になっていただきたい。
下記、引用です。

生と死のように、全く相反する2つの事柄、対立関係にあるが、宇宙を構成するにあたってどちらも不可欠な二極の要素というものがあります。光と闇、天と地、男と女、動と静、それぞれどちらの要素も大いなる宇宙においては不可欠であり、それぞれがそれぞれの役割を果たし互いに調和を保って、宇宙の営みは円滑になってゆきます。

陰陽のシンボルにも象徴されるように、私たちにとって陰陽の二極性はどちらも同様に不可欠なものであり、たがいの要素を一部は内包しながら、時流の波によって動き変化し、陰は陽へ陽は陰へと移り変わってゆくものであることがおわかりいただけるでしょうか。

 そのような観念の中で、二極の要素がどちらも同量、等しい力で釣り合いが取れた時の力は古来より尊ばれてきました。例えば、昼夜が等しい長さになる日が一年に二回、春分の日と秋分の日があります。

特に春の芽吹きの時期に、昼夜の均衡が寸分違わず取れる一日を待って、太古の人々は神に祈りを捧げたのです。光の神と影の神とが等しい力を発揮して合体し、ひとつになるその一日に、人々は自然界に最強のエネルギーが働くことを、万能の神の存在を見たのです。三百六十五分の一の精妙さに―これが「女教皇」が司る神秘の力なのです。

タロットの絵札の意味とか解釈とか、そういう理屈から解き放たれて、シンボルからダイレクトなメッセージを読み取ることもあるでしょう。というか、それこそがタロット占術ではあるのですが。

今日の春分の日には、ぜひとも、「陰陽」という象徴をじっくり吟味していただきたい。何事にもある表と裏、自分の中のプラスとマイナス、本当に理解できていれば、他人のことにも、理解を及ばせることができるでしょうから。社会や世界を変えたくなるけれども、まずは自分という小宇宙を、丸く一体化できることを祈って。

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 07:00| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

3月30日土曜日の集会

3月の集会は、第五土曜日と決定しました。引き続き、〜微笑みセラピストを目指して〜と題して、人に笑顔をもたらすカウンセリング術の向上にも努めつつ、「マルセイユ版研究会」開催中です。

日本タロット占術振興会月例勉強会〜微笑みセラピストを目指して〜
◇日時:2013年3月30日 土曜日10:30-13:00 
     平日の部 2013年3月19日 火曜日14:00-17:00 のいずれかご選択の上お申込下さい。
◇場所:池袋ステラ・マリス・ナディア・オフィス 
◇参加費:会員3,150円  無料会員3,500円 一般4,200円

本日、会員専用ページにアップした形で、これまでの研究会成果をまとめています。「女帝」に進みたいと思います。

2011年は、日本が大きく揺れた年。3.11より、すっかり生活が変わってしまった印象です。そしてまだまだ、傷跡を大きく残したままの被災地現状。不満、憤り、悲しみの声がたくさん、紹介されています。要するに「財力」なのか? 人を救えるものは、、
いや、そうじゃないだろう。
アルカナ審判には、そういう物質的側面からのとらわれからの開放=報われるという絵柄構図が描きだされています。

「ピンチをチャンスに変えるなんてことばで片づけていいのか!」怒り、嘆く男性がいた。

「生きたくても生きれなかった命のことを考えて」近年取り沙汰される自殺さという問題に触れてくれる方がいました。
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 23:52| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする