2016年04月13日

火地風水(かちふうすい)のわかりやすい話

先日リツイートした件は、古館さんのコメント文書に火地風水(かちふうすい)のわかりやすい例えが入っていたため。下記抜粋です。



ただ、このごろは、報道番組で開けっぴろげで、昔よりもいろんな発言ができなくなりつつあるような空気は、私も感じています。とてもいい言葉を聞きました。この番組のコメンテーターの政治学者の中島先生が、こういうことを教えてくれました。空気を読むという人間には特性がある。昔の偉い人も言っていた。読むから、一方向にどうしても空気を読んで流れていってしまう。だからこそ、反面で、水を差すという言動や行為が必要だ。私はそのとおりだと感銘いたしました。つるんつるんの無難な言葉で固めた番組など、ちっとも面白くありません。人間がやってるんです。人間は少なからず偏っています。だから情熱を持って番組を作れば、多少は、番組は偏るんです。しかし、全体的に程よいバランスに仕上げ直せば、そこに腐心をしていけばいいのではないかという、私は、信念を持っております。そういう意味では12年間やらせていくなかで、私の中でも育ってきた「報道ステーション」魂というものを、後任の方々にぜひ受け継いでいただいて、言うべきことは言う。多少厳しい発言でも言っておけば、間違いは謝る。その代わり、その激しい発言というものが、実は後年たって、あれがきっかけになって議論になって良い方向に向いたじゃないか。そういう事柄もあるはずだと信じています。




いかがでしょう、風、水、火の星座の長所と欠点が端的に解説されています。

しいて言えば「地」が欠落しているが、これは「利(=利益)、メリット」ではなかろうかと。どこでバランスが取れているかという調整作業も不可欠で、このバランスの取り方にもやっぱり個人差=偏りがでるのもやむをえない。そこで「皆にまんべんなく一定のメリットが生じるように」という着地点をもたせたらどうだろうか。バランスが利害でゆがめられても本末転倒なので、利は前提にならないのが無難でしょう。


私は西洋占術とは己の偏りを読み解く術であるとも講座で話しています。

偏りを欠点にしない方法、欠損を補う方法、自他ともに否定せず肯定する術を身につけようと。ポジティブ思考というのとはちょっと違うでしょう、否は否で認めることも大切かと。

気持ちのどこかでうやむやにしたり、見ない・考えないことにして「ポジティブにいこう!」とはけして言いたくない。というのは、そういう「何の気なしにしている否定行為」が、精神衛生面の一種害悪になりえるから。少なくとも私自身は、どんな否定的感情でも一応噛みしめることから逃げなかった。それが心を病んだ時の立ち直りの一歩、大きな作業でしたから。


そして火、地、風、水の星座がまんべんなく地上に分散しているからこそ調和がとれる。

無駄な人間などひとりもいないのだというところをどうか理解して頂きたい。



posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 18:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

プレゼント企画☆彡

いつもご来訪頂き、誠に、ありがとうございます。

先日神秘的なブルー・グレーの巾着型ポーチが入荷!
そう、アリス・タロットシリーズなのですが、青とは言い難い微妙な色合いが素敵かな?と。
20160406-02.JPG

オレンジ系は前々から在庫していましたが、特注品でなかなか今ぎりぎりまでお値下げ中でございます。

ナディアもねーなんとも「アリス」の大ファンで!
ご利用頂いておりますデコパージュクラスでも、ついアリス、特にテニエルの挿絵を選んでしまいがち〜

alice-box.JPG

みんなさんと一緒にこんなの作成しております☆

結構作品が溜まってきたので、、飾っておくにも増え過ぎている感が。
もしよろしければお使い頂ければと!
つきましては本ブログの読者様に朗報☆彡
ウェブショップでセール中の「アリス・タロット」ご注文1点につき1個のナディアのハンドメイド・アリス柄ウッドボックスをプレゼントさせていただこうかなと♪
備考欄に「ブログ・プレゼント希望」とお書き下さいね。


12seiza-box00.JPG

こちらはミンキアーテ・タロットの中の12星座の絵柄で作ってみました☆彡
ウッドボックスのデコパージュは、最初のサンディングがとても大事です。
サンドペーパーでやすり掛けするわけですが、まあ省いてもデコパージュはできますが、仕上がりがやっぱり違う!
まず塗装の前にやすり掛けの練習です。

というわけで、塗装なし+サンディングのみの簡素なタロットBOXがいっぱい溜まってしまったので、こちらもプレゼント!

実はミンキアーテ・エトルリア2016をご購入の皆様にもれなく!少し前からお付けしております。

仲良しさん=星座を知っている方へ、ファンシーを感じさせるプレゼントにいかがでしょう?



posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 21:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

デコパージュ&タロットアートワーク

学校もひと段落しました。春らしい小物づくりにしばし没頭したいと!
sakura-box01.JPG

sakura-box02.JPG

sakura-box03.JPG
上に見えるのが百均の箱・・ここまで変化・変容させられるのです。
右側にちらと見えるのは、黒塗りにして贈り物にしようかと。
あなたのお好きな絵柄を、お持ち下さいね。

ホワイト・ラベンダーを「審判」の鉢に植えたみたじょ。
hachiiri-laveW.JPG
見学だけなら特に費用はかかりません。ご予約のみ、メールで、
チラシをお持ちの方は、デコパージュ教室専用ダイヤルへ、お願い申し上げます。

んでは今日もサンルームにて一仕事。
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 10:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

2016年3月31日講座後記

タロット・リーディングクラス後記

14時スタート。最後の授業として、まず質問や確認しておきたいこと、何でも言いたいことがあれば言っていただいてみる。ある方から「なかなか授業のようにはスムーズにかず、特に『相談内容とタロットの出目が一致しない』時に何と言ってよいか悩む」との話が。


ちょっとめずらしい感覚? だが、なんとなく解るような気も。

相談にお応えする=タロットの出目の翻訳家になることだというスタンスで、易道学校では授業させて頂いている。出目を解釈して伝える流れを整理。


やはり一問一答とは言え、相談者の本質的な問いかけにいきなり最初の出目でビンゴな答えを読み取ろうというのはむしろおこがましい。徐々に現状を整理して、気持ちも整理して頂くために、78枚を時にはいくつかのセットを使う必要も出てくる。


まず現状位置確認→大きな方向性の導き出し→その中でのより詳細・具体的なアドバイス という三段階ステップがおすすめだというおさらい。まあレクチャーよりも実践を積むことだという話も。たとえば「離婚したい」とおっしゃって来られたとしても、「問題が解消されるなら今の相手とまだ続けていきたい」という願望も強く、結局「自分のホンネがわからない」というケースは多い。そもそもいきなりのアドバイスが成立しにくいので、アドバイスにつなげるタロットの使い方かと。効果的に大小のアルカナ、人物札を使い分けていこう。



1時間経過し、別の方から「解釈は解釈者によってそれぞれ異なることがあると言われても、アドバイスがだいぶ変わってきてしまうとなると自分の取り方でいいのか自信が持てない」とのお話。自分をしっかり導けるようになればおのずと自信になるのではと。でも「主観」は恐ろしいという話も。誰だって「自分に都合のよい解釈」におちいりがちなのは私も認める。それでも人間ギアチェンジはできるのだ。ちゃんとニュートラルに入っているか、確認作業で客観的な解釈を周囲に相談してみるような、そういう勉強は生涯必要なのだろう。



ある方の苦手意識が強かった人物札が頻出している出目を3件取り上げ、16時半近くに終了。修了証書をお渡しする。一枚の札も無駄にしない解釈を目指したいというおことばを頂き、私自身の修了証にさせて頂いた。充実したこの2年間に心より感謝し、枝垂桜が散る中お見送りさせて頂いた。感謝がやまない。

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 23:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | タロット・西洋占星術講座後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

2016年3月19日研究会後記


タロットマジック講習会後記


主催者+参加者2名 計3名で開催

11時を少し回ったところで集合。オフィス到着〜ことの経緯をお伝えし、本題に入ったのは11時半近く。


参考文献を紹介。考古学で取り上げられる古代エジプト社会の魔術、魔術=特別なことではなく、自然を崇拝しその力を借りようとしてきただけのことという側面、古今東西の宗教でもあり、現代人にとってはやや特殊な精神世界の分野のことでもあり、現実にはそれを妄信し悪用した人間による痛ましい事件も生み出している側面もあるもの。小一時間程度の会なので駆け足のようにパラパラと書籍をめくっていたが、なかなか興味深い書籍の、またしばしばグロい中身に皆さん刺激を受けられた模様。



さて、「願いを叶えたい」と思ってしまうのが人の常。そんな私たちに効果的な「祈願の仕方」についてから。それと連動して、人の不幸を願うことについて。そしてまた、実力以上のことを成し遂げたい人間がいるのに対して、やはりそれを願わない=それでは困るという当たり前の人間は当然存在しているわけで・・・ねえ、あなただっていきなり組むことになった相手がてんで仕事ができない人だったら?



ブログの前記に関連して、好きになった男性にはすでに付き合っている彼女がいた・・・というケースで、「彼が恋人と別れて、私の元に来ますように」とやる人がいるのですが、彼が恋人と別れたら、なぜあなたの元に来ることになるのですか?と問いたくなりますね・・・とんちんかん身勝手なストーリー構成。いや結構タロットでも初学者の方ではやっぱり占的の立て方がどうもとんちんかんになりがちなので、ある程度スイッチ入れる必要があるところなのかなと。



さてさてそもそも「別れ」を望む以上、望んだ人のところに「別れ」はやってきます。こんにちは!って気が付いたらしっかり別れ体質になっているのです。望みは何なのか?しっかり見極める必要があるということです。



12時を回って、小一時間程度の会なのでさっそく、人生をリセットするオリジナルの魔術を実践してみよう。まずはとっかかりとして軽くてやりやすいものを。

本格的にやるには、何であれ自分の手で作り上げたものを使うのが何よりだとされている。棒であれ杯であれ、できる限りハンドメイド推奨。ハーブなんかは自分で種から育てたものならこの上ない成果を体験できると言われている。手づくりは難しい羊皮紙なんかでも、わざわざ調べて取り寄せたりする手間ひまが差をつける。その辺のコピー用紙で済ませてしまうのとは、結果は変わってくるでしょう。



ことと次第によって曜日や時間を選び、1週間祈りを続けることの原理にも触れましたが、つまりはその人がそれまでやったこともないことを実践したり達成させるという、そういう小さな積み重ねから当の願望を実現させるほどに自分を大きくしていこうという点が重要だという話。



この日はご参加者のお二人に、「願いを叶えるマジカル・ボックス」を紹介した。お一人にはそのアレンジで、素焼きの鉢を使ったローズマリーのハーバル・マジックを実践していただく。

参考サイト

https://www.livealifeyoulove.com/magical-box-manifestation/


参考サイトでも語られていることが、主催者と同様のスタンスを示している。『「魔法」という言葉を使用する必要はなく、「意識的な創造」について考えればよい。が、しかしこれは確かに「魔術」であり、ひとつ求めるものを引き寄せるテクニックなのです』と。



箱は、参考サイトでは、自分の潜在意識の「井戸」とも表現されている。そこに自分のはイヤーセルフを置き、7日間の儀式の後に、手元に置き特別な時に取り出し、願いを託すことを推奨しています。

主催者は、葬り去りたい自分を入れて、燃やす、川に流すのもよいし、ある時期まで埋めて保管するというのもひとつだと。




会の当日は公開できませんでしたが、これらは今日までに主催者とご相談者とで折に触れて作成してきたマジカル・ボックス。「葬り去りたいこと」を入れるために作った箱と、タロットレメディにて切り札として引いたアルカナ、「星」「世界」の絵柄で彩ったボックス。

tarotmagicbox.JPG


小一時間の会の後、参加者の皆さんはどんな箱を作り、どんな成果を達成するでしょうか・・・誰にもまだわかりません。未来はクリエイトされています、今現在も徐々に徐々に、変容し続けているのです。創造を止めたら、あきらめたらそこまで。まずはどんなに小さくても、創造の積み重ねを! 


こじんまりした会でしたが、主催者は皆で確認しながら進められるアットホームな会が好きです。午後は遠方よりお越し頂いた方と合流し、しばし歓談の時間を。こうして日々皆様から学びと元気を頂けることに、改めて深く感謝する会にもさせて頂き、昼食後お開きとさせて頂きました。


 次回講習会は、6月第三土曜日の予定です。

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 18:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

2016年3月24日講座後記


タロット基礎科後記

14時スタート。「LOVERS.恋人たち」はじめ前回以前に解説したアルカナや全般的なことで質問等ないか確認。今後の流れが心配な人もいたようで、いくつか可能性を伝えている内に全員集合。「CHARIOT.戦車」の解説へ。「タロットの歴史」を資料に、最古のヴィスコンティ版の「戦車」・・・厳密にはnon-titleだが、ここからエリファス・レヴィのスフィンクス率いる戦車、そしてウェイト版へという話も。



テキスト読み、並行して絵柄のパーツに触れる。川は「女帝」と「皇帝」にも描かれているということを生徒さんが気づく! 


「戦車」にキーワード3つを与え、札の中核を抑える。その一枚を時系列的に、アドバイス的に、みなさんで解釈してみる。


実際にあった三角形の展開法を紹介。自分が普通自動車運転免許を取得する際に展開したアルカナの中にあった「戦車」について。


最後にヘキサグラム展開の紹介。相談者の位置に出ていたのが「戦車」だった。


16:20頃終了。まだタロットの使い方がつかめないというご質問あり。どうも当たるかはずれるかというタロット日記をつけているような・・・それでは二分の一の確率の域を出られない。それでもそれが気になるなら、とことん気が済むまで取り組むことだと。絵札を繰り出して、読んで、結論を出してみること、シンプルだがタロットとの付き合い方の礎になる。だからやってみて欲しいとは伝えたが。

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 07:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

2016年3月17日講座後記

タロット・リーディングクラス後記

14時スタート。「人物札が苦手」だというお声を受け、過去の授業で扱った鑑定例や本日持参した例を皆でリーディング。2件ほど授業用のサンプル相談に取り組み、実際にその場でタロットを繰り出してみて頂く。展開法の選び方、相談を徐々に解決していく流れ、アドバイスの伝え方など、たった2件とはいえ「何が正しい」ではなく、「こういう解釈もある、こういう伝え方もある」という見方でお伝えしていくとあっという間に15時半ごろに。人数が少ないのでお一人お一人にじっくり解釈して頂き、それを聞いて相談者の身になってどう感じるかなどにも触れ、十人十色の感覚を分かち合うのも有意義だったのでは。そんな中で大抵自分の解釈はエキセントリックな印象のようだが・・・いやこんなものでしょう。次回は最終回。


西洋占星術・応用科後記

11時スタート。各12ハウスの象徴について、前回の続きで6室から。年運、月運の読み方にちなみ、東北大震災のチャートを垣間見る。参考までに阪神淡路大震災のチャートも参照。占術は決して統計学ではない。こういった座相の知識をどう日常的に役立てるかなので、次回も何か顕著な座相をもってきたい。12時ごろより火星、木星のアスペクト詳細。参考までにA.・ヒトラーのチャート紹介。各自人物像を調べ、チャートから何を感じるかを宿題に。当初の予定だった土星に入れず、13:40終了。

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 22:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | タロット・西洋占星術講座後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

ナディアの研究会 無事終了

後記はここ数日中に改めて!

20160319meeting.JPG

人気を博したタロットクロスはこちらで販売中☆彡 皆さま素敵な春分の日を!!

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 21:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

人を幸せにする占いについて考えよう

2016/03/19 11:00〜 講習会開催します。集まれる人はお集まり下さい
● 駅集合 11:00(参加費:会員2000円、非会員3000円)
● 昼食会 13:00〜(希望者のみ実費でご負担下さい)

ツイッターの呼びかけはあまりにも軽々しいものでしたが、

真剣に、タロットの効能と効果的な使用法について、これまで同様考えていきたいと思ってのことです。

だから「魔術」という言葉を使うべきではなかったでしょうが。


くしくも、古代エジプトで実践されていたという様々な儀式、呪術、死後の世界観というものを専門的に調べたり訳する機会を頂いた渦中にありましてつい。



そもそも、アーサー・E・ウェイトという人物がかの魔術結社の団員でした。

そこではタロットを作成することそのものが一種の儀式魔術であり、ウェイトのみならず多くの団員・研究家がタロット研究に勤しみ、タロット創作に励んでもいたのです。


マジック、魔術・・様々な体系、分野、流派が今に伝わっています。


ナチュラルマジック

ナチュラル・マジック―大地の力を生かす技 (聖なる知恵入門シリーズ) -
ナチュラル・マジック―大地の力を生かす技 (聖なる知恵入門シリーズ) -

 薬草魔女のナチュラルライフ―ハーブを楽しむ・ヘルシーハーブ活用術 -
薬草魔女のナチュラルライフ―ハーブを楽しむ・ヘルシーハーブ活用術 -

悪名高い人も

魔術―理論と実践 -
魔術―理論と実践 -

クロウリーと甦る秘神 (アレイスター・クロウリー著作集 別巻3) -
クロウリーと甦る秘神 (アレイスター・クロウリー著作集 別巻3) -




「願いを叶えたい」という人間なら誰もが抱く願望ゆえに。

人間以外の動物で「魔術」を実践するものはありません。笑わないでね。

よく授業の中で、動物の中で人間だけが服を着る、道具を使う、言語を用いる、うそをつく・・云々お伝えします。そういう観点から「魔術」という行為は非常に興味深く、人間探求には格好のテーマなのですよ。


さてまあどんなブランチの魔術であっても、成果を左右するのは「祈願の仕方」に尽きると、私は考えます。

呪文を間違えたから、小道具がどうのこうので失敗した・・とゆうことはなく。

「望むものとそれを望む方法」を間違えたかなと。


たとえば、好きになった男性にはすでに付き合っている彼女がいた・・・というケースで、「彼が恋人と別れて、私の元に来ますように」という祈願の仕方なんかが、一番まずく。

「別れ」を望む以上、望んだ人のところに「別れ」はやってきてしまいますから。

望みは何なのか?しっかり見極める必要があるということです。


これはここの所易道学校で折に触れ皆で考えている「占的の立て方」に類似した問題なのです。先日の「求職活動中、3つの職場が目についた。どこに応募すればよい結果が得られるか?」ということで、「ABCそれぞれの職場に応募したらどうなるか?」と占的を絞ったというのだけれど、これはまったく絞れていません。


相談者が問いかけてくることばをそのまま占的とするのでは、占いは使い物にならないよ。「彼の気持ちが知りたい」とか「金運を上げるにはどうしたらいいでしょう」とか、様々な問いかけからまず占いはスタートしますが、たぶん私も含め身近なプロ占師でその言葉通りの占的で占断を下している人はいないのね。


あくまでも「問いかけ」はきっかけで、占いを始めるスイッチなだけで。

やはり、本質的な幸不幸を、問いかけて来られているものだからね、占いに来る相談者というのは。その人の幸せの星を見極めて、何を目指して、どこへどんな風に進んでいきましょうと促して差し上げることが大切なんだと。「未来を当てる」なんてことに専心しないで。


だから占術というのは、幸せになるための人生のリセットボタンのようなものだと、私は認識していて、そういうレベルではしっかり「魔術」と等価というか。リチュアル・ベルを鳴らす、香をたく、「アーメン」と唱えるのと変わりないもの。


以上、いかがでしたでしょう?

わからない用語がありましたら、当日すべて解説しますので!

正直、「願いを叶えたい」と思っている人には、やたらにかもられないように注意してほしい。

この業界、そういう人の心につけこむ商法がありふれている。

一商法としての「占い」にも要注意だ。


今一度、「人を幸せにする占い」について、皆でいっしょに考えてみませんか?きっと心の洗濯になると思います、現状ご参加頂ける面子から、それは確信しています。

きっとあなたの「占い」の奥行きが増すものとなるでしょう。

まずは自分自身を幸せに!

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 22:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

何かできることがあれば

2011.3.11の日、ちょうど易道学校で授業をしていました。

いつもよりちょっと大きな地震が来た・・・だけの事態ではないことがその日内にわかり、学校の一角に泊めて頂き、家族の迎えで何とか深夜から明け方にかけて帰宅した日。何と長い一日だったことか。深夜にひとりで駅へ向かう人、モノが無くなったコンビニ、あちこちが閉鎖され、繰り返されるニュースの災害の映像にある種悪夢を感じたものです。


まだまだ爪痕は当然深く。折に触れ、被災地、被災者の方のその時に大なり小なり関わりつつも、何ができたかというと無力なばかりで。


一方で、被災していない人達、地域にも、その人なりのその場所なりの辛さ、悲しみ、それぞれにあって。


生きることとは苦しみや悲しみとどう向き合うかということに他ならないというのが正直な実感です。


ナディア・オフィスの業務も多岐にわたり、何屋さんやらわからないという方もおいででしょうが、人のお悩みにお応えするという生業を長く営ませて頂いております。時間や料金で割り切れるものではないという側面も大きな仕事です。ご依頼に精いっぱい尽力させて頂き、勉強させて頂きますので、何かできることがありましたら、お声をおかけ頂ければと、3/11〜一週間は鑑定・セッションご相談内容に応じて割引とさせて頂きます。


生身の人間ですので、ミスや行き違いも発生してしまいますが、私どもも生きるために精いっぱいの日々です。依頼者様の当面の目的、ご要望にお応えすることにまずは集中させて頂いております。何卒、ご了承下さい。



posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 00:20| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする